bn_natume_rin_300.jpg

2009年08月24日

プライミーバル-Primeval- 第2話「恐怖の巨大クモ」

「逝っちゃってる」
「ホント。マトリックス・レボリューションズと同じぐらい終わってるよ」


一話は子供向けのSFアクションっぽい作品だったけど、二話になったら普通の海外ドラマっぽい感じになってしまったなぁ。
面白くないわけじゃないんだけど、ちょっくら残念。

一話がそういう雰囲気だったのは、キャラクターの説明や物語の謎やらをこれでもかと盛り込んで多少ご都合主義になるのも恐れずにそれを消化していたからだろうけど。
二話からはドラマとしてそれなりに丁寧な作りをしている。

脚本:エイドリアン・ホッジス(Adrian Hodges)
監督:シーラ・ウェアー(Cilla Ware)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

プライミーバル-Primeval- 第1話「太古への扉」

「アンタみたいな頭でっかちの小役人を相手にする暇はない。今は科学史上もっとも価値のある現象を・・探求すべき時なんだ」

『恐竜SFドラマ』と銘打ちながらも、その恐竜が出てこないというトンデモない作品。
冒頭でゴルゴノプスが火を見ても全く恐れない姿にちょっぴり萎えつつも、CGのレベルの高さで作品に引き込まれる。

脚本:エイドリアン・ホッジス(Adrian Hodges)
監督:シーラ・ウェアー(Cilla Ware)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

侍戦隊シンケンジャー 第13幕「重泣声」

「なんでかな。・・どうしてか思っちゃうんだよね。普通にお嫁さんになって、普通にお母さんになりたいなぁ・・って」

ギャグっぽいシーンが入っていたので大丈夫か心配だったけど、必然性のある展開で良かった。
殿のキャラ崩壊が多少心配ではあるけれど。

それにしても、今回のアヤカシは非常に怖い。アヤカシそのものよりも、そのアヤカシが作り出す『白鬼子』が無表情さとかシチュエーションで恐怖を煽る。
コレ、子供だったら普通に恐ろしいと思う。

今回の詳しいあらすじはこちらを参照のこと。

脚本:小林靖子
監督:竹本昇
アクション監督:石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴンボール改 第18話「ユンザビットに眠る宇宙船! ナメック星へいざ発進」

「あ、あの・・・ボ、ボクも連れていって下さいッ!」

クリリンがヤジロベーのモノマネをするって・・・なんだこの田中真弓祭り。

それにしてもドラゴンボールの女性陣ってどうしてこうヒステリックなんだろうか。
・・・鳥山明の好み?

あ、いやでも、当時の女性キャラはこれぐらいの性格のキツさが普通だったような気もするなぁ。
ホンワカ担当だったランチさんが退場させられて、キツい性格のヒロインしか残ってないだけで。

脚本:隅沢克之、照井啓司
演出:野渡康弘
『ドラゴンボールZ』演出:松浦錠平、上田芳裕

続きを読む
posted by BoisterousBone at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

偽物語(上)/西尾維新【西尾維新らしくて安心する】

「ここで動かない僕を、お前は好きだと誇れるのか」
「・・・・・やば。超格好いい」


これが西尾維新だ!
って感じ。

今までの話が西尾維新らしくない作品だとしたら、今回の偽物語は分かり易く西尾維新。
ページ数をなんとも無駄に使いまくり。本題と関係ないキャラクター同士の掛け合いが三分の一ぐらいを占めてます。
でも、まぁ。その無駄な部分が一番読みたい部分でもあるんだよなぁ。

偽物語(上) (講談社BOX)偽物語(上) (講談社BOX)
VOFAN

講談社 2008-09-02
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by BoisterousBone at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

傷物語/西尾維新【馬鹿な! 学園異能バトルだと!?】

「阿良々木くんに揉んで・・・揉んでもらうためだけにっ、がっ、頑張って、こんないやらしいおっぱいに、育てましたっ」

キャラが崩壊しました!
主人公が化物語の時と同一人物だとは思えない感じに崩壊しました。

それにしても、普通に学園異能バトルなんですけど。
なんていうか西尾維新の作り出す青春っぽさってのは、非常に素晴らしいよなぁってつくづく思わされた。

傷物語 (講談社BOX)傷物語 (講談社BOX)
VOFAN

講談社 2008-05-08
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by BoisterousBone at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

化物語(下)/西尾維新【いつもの毒が首をもたげてきたけれど、華麗に!】

「はははは、可愛いなぁ、可愛いなぁ! もっと触らせろもっと抱きつかせろ! パンツ見ちゃうぞ、このこのこのこの!」
「きゃーっ! きゃーっ! ぎゃーっ!」


キャラが崩壊しました!
主に主人公が! あと神原も! どっちかっていうと下い方向に!

いやぁ、今までも下いキャラクターは居たけれど、ここまで根明な感じで出してきたことがあっただろうか。
なんていうか、ノリノリで書いてるなぁって感じがする。

化物語(下) (講談社BOX)化物語(下) (講談社BOX)
VOFAN

講談社 2006-12-04
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by BoisterousBone at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化物語(上)/西尾維新【読み終わる頃にはキャラクターの印象が180度回転する】

「戦場ヶ原、蕩れ」

べ、別にアニメ化とか関係ないんだからね!
・・・いや、実際のところ、本当に関係ないタイミングで読むことになりました。

西尾維新ってこういうものも書けるんだなぁって下巻まで読んで驚いた。
もちろん、他の作品でもそういう要素はあったのだけれど、今回はその要素を前面に出してきた感じ。

化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
VOFAN

講談社 2006-11-01
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by BoisterousBone at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー【ツッコミを入れる気にもならない程のお祭り映画っぷり】

これは酷い映画です。
話として成立しておらず、前後のシーンの繋がりがなくぶつ切りで、キャラクターの行動や心境に対して何一つ感情移入することができません。
平成ライダーの悪い部分を集合させて作ったようなストーリーライン。

が、そんな細けぇことはいいんだよ!
ここまで設定とか伏線とか説明とか、そういった部分を放り投げられるとそこにツッコミを入れる気にすらなりません。

お陰で下手に統合性を取ろうとするよりも、結果オーライ。超大暴れなお祭り映画として観ることができました。

劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー オリジナルサウンドトラック劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー オリジナルサウンドトラック
サントラ

エイベックス・マーケティング 2009-08-11
売り上げランキング : 1558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

脚本:米村正二
監督:金田治
アクション監督:宮崎剛

続きを読む
posted by BoisterousBone at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦【3Dで観たかった・・・】

3Dで観たかった・・・
本当にその一言に尽きる。

近所の映画館ではやっている所が無いのが残念です。
DVDが出たら3Dで観れるんだろうか。
観れるとしてもレンタルに並ぶのかどうか・・・非常に悩ましい。

メイキング 劇場版 侍戦隊シンケンジャー [DVD]メイキング 劇場版 侍戦隊シンケンジャー [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2009-07-21
売り上げランキング : 781

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

脚本:小林靖子
監督:中澤祥次郎

続きを読む
posted by BoisterousBone at 18:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

侍戦隊シンケンジャー 第12幕「史上初超侍合体」

「お父さん、亡くなったんです。・・・怪物に襲われて」
「・・・・・」


重い。重いなぁ。
色々なものが丈瑠の肩にのしかかる。

下手をすると単に暗くなりそうなテーマを扱っているのに、どこかカラッとした明るさを維持しているのは流石だよなぁ。
しかも、それが『空気を読めてない明るさ』じゃないのがすごい。

今回の詳しいあらすじはこちらを参照のこと。

脚本:小林靖子
監督:諸田敏
アクション監督:石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍戦隊シンケンジャー 第11幕「三巴大騒動」

「この村正、逆刃こそが本性でな。・・次はこの切れ味を味わってもらう」

本格的に外道衆とシンケンジャーの戦いが開始って感じだろうか。
この時点でこういう情報を開示してしまうと、敵が基本的に一丸となっている組織である以上、敵の行動パターンが固定化されてしまうと思うんだけどそこら辺をどう処理するつもりなんだろう。

しかし、前回の予告には見事に騙された。

今回の詳しいあらすじはこちらを参照のこと。

脚本:小林靖子
監督:諸田敏
アクション監督:石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。