bn_natume_rin_300.jpg

2008年09月02日

S.A.S.英国特殊部隊-ULTIMATE FORCE- 第3話「ブレイクアウト(後編)」

原題は『Natural Selection』。本国での放送順では第3話。
前回の第2話「ブレイクアウト(前編)」よりも本国では一個前のエピソードになります。
・・・本当になんだろうなぁ、このエピソードのシャッフル具合。
サブタイトルも以前、二話づつDVDで出た時のものをそのまま使っているみたいです。

脚本:ロブ・ヘイランド(Rob Heyland)
監督:トム・クレッグ(Tom Clegg)

続きを読む


posted by BoisterousBone at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

HEROES/ヒーローズ 第26話「仲間」

日本語でのサブタイトルの如く、登場人物たちがそれぞれ新しい人間関係を構築していく話って感じでしょうか。

個人的に注目してるのは、二人のコピー能力者の周辺かなぁ。
逆に第2シーズンが始まる前までは、一番楽しみにしていたヒロのエピソードはいまいち興味が持てないでいます。

脚本:J・J・フィルビン(J.J. Philbin)
監督:ポール・エドワーズ(Paul Edwards)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第17話(第39話)「狼男」

途中までは前回の予告は幾らなんでもネタバレが酷すぎるだろう・・・って思ってたんですが、終わってみればあんな程度のネタバレ、まったく問題ありませんでしたね。

とりあえず、サムは女性の部屋で挙動不審過ぎ(笑
気持ちは分からないでもないけど、ああもあからさまだと相手も安心して寝られないんじゃないかと思うんだけど、向こうもそんなに満更でもないのでオッケーなのか。
男は所詮、顔と地位ってことですかチクショウ!

・・・でもジャレット・パダレッキ並のイケメンなら、そういう気持ちになるのも理解できないでもないかも。

脚本:セラ・ギャンブル(Sera Gamble)
監督:キム・マナーズ(Kim Manners)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

HEROES/ヒーローズ 第25話「呪われた力」

どんどこ登場人物が増えていくよぉ〜
それにしても登場人物は前回の事件を経ても、あんまり考え方が変わったりはしてないなぁ。
基本的に前回と同じ轍を踏みそうな感じをビンビンさせています。

まぁ、人間なんてテンションが上下することもあっても、ある程度生きてしまえば、そうそう精神構造が変化したりはしないよなぁ。

脚本:マイケル・グリーン(Michael Green)
監督:アラン・アーカッシュ(Allan Arkush)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

S.A.S.英国特殊部隊-ULTIMATE FORCE- 第2話「ブレイクアウト(前編)」

・・・前編?
何だか、見る限りはこの話で十分完結しているように見えるんだけど、後編があるんだろうか。

細菌を研究している施設にゲリラが立て篭もり、SASが出動するという筋書き。

本国での放送だと、この話と1話の間に2話ぐらいあるみたいだけど・・・
どうにもこの作品の日本放送は放送順やサブタイトルがめちゃくちゃだったりして、分かり難いです。

脚本:ジュリアン・ジョーンズ(Julian Jones)
   ロブ・ヘイランド(Rob Heyland)
監督:トム・クレッグ(Tom Clegg)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

FBI 失踪者を追え!<サード・シーズン> 第12話「模範囚の手紙」

うおおお、なんていうか、こう・・・酷くやるせない感じです。
しかし刑務所を題材にした作品で『女役の囚人』ってよく出てくるけど、幾ら女日照りっていっても男にでも突っ込みたくなるものなのか。
向こうって宗教的や社会通念的に同性愛者に対して強い拒否反応がある割には、こういうところでは妙な見境の無さを発揮するよなぁ。

そこらへん不思議。

脚本:アリソン・アブナー(Allison Abner)
監督:スコット・ホワイト(Scott Whyte)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第16話(第38話)「死へのドライブ」

いつもとちょっぴり違う視点から始まる物語。
一見するとだいぶサムは立ち直っているようにも見えるけど、まだまだ人助けをしなくてはという妄執に取り憑かれている様子。
あの告白が無ければ、普通に優しさとしてサムの発言を見ることもできるんだろうけどなぁ。

脚本:ラエル・タッカー(Raelle Tucker)
監督:チャールズ・ビーソン(Charles Beeson)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

S.A.S.英国特殊部隊-ULTIMATE FORCE- 第1話「キルハウス」

英国の特殊部隊『S.A.S.』の任務を描く物語。犯人の脳みそが飛び出したり、ちょいグロなシーンもあったりする。
そのS.A.S.のレッドチームに二人の新人が配属されるところから話が始まります。

なんていうか、酷く独特な雰囲気が漂う作品でした。
殺伐としているというか、ピリピリした空気を肌に感じるというか。
思わず笑ってしまうシーンなどもあるにはあるのだけれど、こういう組織物にあるはずの連帯感というものがいまいち感じられません。
かといってS.A.S.の隊員同士が仲が悪いわけじゃないんだけど・・・

そこがなんか独特な雰囲気を醸し出している。
一言でいうと「乾燥してる」感じ。

脚本:ロブ・ヘイランド(Rob Heyland)
監督:ディアムイド・ローレンス(Diarmuid Lawrence)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

FBI 失踪者を追え!<サード・シーズン> 第11話「16歳の誤算」

ジャックはこの話の後、娘とどんな話をしたのかなぁ。
過敏になるか寛容になるか、どっちの態度を取るのだろうか。

・・・最初は寛容になろうとしてみるんだけど、話している内にどんどんイライラしてきて最後は怒ってしまうに10$。

ところで本国でのサブタイトルである『4.0』はどういう意味なんだろう?

脚本:ジェニファー・レヴィン(Jennifer Levin)
監督:ケン・コリンズ(Ken Collins)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第15話(第37話)「呪われたキャンパス」

シリアス過ぎる程シリアスなストーリー展開をしていた前回から540度方向性を変えて、思いっきりギャグ路線の話です。
第2シーズンに入ってフラストレーションが溜まる話が続いていたからなぁ。アメリカドラマでこういう番外編みたいな話をやる時って、キャストの人々がいつも以上に活き活きしてる。
特にディーン役のジェンセンさんがノリノリ過ぎて笑ってしまいます(笑
お菓子を頬が膨らむほど突っ込んでる姿が可愛すぎる。

しかし、ギャグ路線でも普通に人が死にまくるのが、この作品らしいっていえば非常にらしいです。

脚本:ジョン・シバン(John Shiban)
監督:ブラッドフォード・メイ(Bradford May)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第14話(第36話)「覚醒」

冒頭からの急展開。
いやぁ、ずるいなぁ。この展開。

脚本:キャスリン・ハンフリス(Cathryn Humphris)
監督:J・ミラー・トビン(J. Miller Tobin)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

HEROES/ヒーローズ 第24話「4ヵ月後」

ついに始まったHEROESシーズン2!
しかし、第1シーズンのヒロの会社の時計みたいに、もっと飛びぬけた日本観が展開されるのを期待していただけに、今のところ普通過ぎてちょっぴり残念だったりも。

いきなり色々と謎満載で始まった物語は一体どういう風に転がっていくのか。
超能力という要素が絡んでいる以上、何が起こってもおかしくないんだよなぁ。
そもそも出ている登場人物が本当に本人なのかすら定かじゃない。

脚本:ティム・クリング(Tim Kring)
監督:グレッグ・ビーマン(Greg Beeman)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第13話(第35話)「復讐の天使」

う〜む、なんかコメントに困るエピソードだなぁ。
キリスト教徒ではないどころか、無信仰者である自分にはどうにも共感しにくい話です。

脚本:セラ・ギャンブル(Sera Gamble)
監督:キム・マナーズ(Kim Manners)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第12話(第34話)「再戦」

やべぇよ。なんかウィンチェスター兄弟やべぇよ。
もう超スリリング。
超常現象をテーマにした作品で、主人公達がこういう状況に置かれる作品ってなかなか無いように思うんだけど、それって私の知識が薄いだけなのかなぁ。

ところでサムとディーンの声が、第3シーズンから別の人になるみたいですね。
サム役が内田夕夜さん。ソウルイーターのシュタイン博士ぐらいしか分からないなぁ。
ディーン役が東地宏樹さん。スコーピオン・キングとかキング・アーサーとかで主役の声をやってるのを聞いたことがある。
でも、二人ともまだパッと「この声」ってのが浮かんでこない人ではなる。でも演技的には不安はないかなぁ。

しかし、せっかく成宮寛貴さんと井上聡さんの演技もようやくこなれてきたのか耳が慣れてきたのか、違和感なく聞けるようになってきたのに・・・
話題性優先の芸人・俳優のキャスティングって、棒演技であることが多いのも嫌だけど、後からこういう風に声優変更になることが頻繁にあるから嫌なんだよなぁ。

脚本:ベン・エドランド(Ben Edlund)
監督:フィリップ・スグリシア(Philip Sgriccia)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 01:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

FBI 失踪者を追え!<サード・シーズン> 第10話「ジャックの長い一日」

今回は失踪事件が発生しないという異色の回。
ウチの母などはそれ故に「面白くなかった」という評価を下していたのですが、確かにまぁその気持ちは分からないでもない。
普段のこの作品に感じる面白さを期待すると確実に裏切られることは請け合いです。
でもいつかは決着を付けなきゃいけないことでもあるし、これは事件の片手間に解決すべき問題でもないと思うので仕方がないかなぁ。

脚本・監督:ハンク・スタインバーグ(Hank Steinberg)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第11話(第33話)「禁じられた遊び」

今回はひさしぶりにホラータッチな話となっております。
同時にサムが精神的にどんどん追い詰められていく様を描いた話でもある。

脚本:マット・ウィッテン(Matt Witten)
監督:チャールズ・ビーソン(Charles Beeson)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第10話(第32話)「悪魔の計画」

おおっ、ついに謎の一部が公開されました。
というか、今回は今まで秘密にされていたことを登場人物達がバンバン喋り捲りです。

脚本:ラエル・タッカー(Raelle Tucker)
監督:レイチェル・タラレイ(Rachel Talalay)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

華麗なるペテン師たち2 第1話 「50ペンスの賭け」

詐欺師グループを主人公にした物語。
そりゃあ、第一話だし主人公達が失敗するはずもないんだけど、それでも何時詐欺だとバレてもおかしくない雰囲気を放っていて、非常に緊迫感があって楽しめました。

しかし初めて観たけど、これって第2シーズンなのね。
・・・第1シーズンってレンタルとかしてるのかしら。

脚本:トニー・ジョーダン(Tony Jordan)
監督:オットー・バサースト(Otto Bathurst)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第9話(第31話)「感染」

もう今回は終始ハラハラドキドキ、緊張感に溢れた展開の連続で息を呑みました。
それにしても何とも不思議な事件で、これが今後どんな風に繋がっていくのでしょうか。

もっとも、海外ドラマの長期シリーズなので、その謎が明かされるのは数年後とか普通にありそうなんですけどね。

脚本:ジョン・シバン(John Shiban)
監督:ロバート・シンガー(Robert Singer)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第8話(第30話)「地獄の猟犬」

ホラーや退魔アクションとしての見所には欠ける話。
その分、ディーンの内面にかかわる話になっています。

脚本:セラ・ギャンブル(Sera Gamble)
監督:スティーヴ・ボーヤム(Steve Boyum)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。