bn_natume_rin_300.jpg

2008年06月08日

スタートレック・エンタープライズ-STAR TREK ENTERPRISE- 第92話「優生クリンゴン」

地球側の人間よりも、よっぽどクリンゴンの方に魅力を感じてしまうのは、脚本にクリンゴンに対する愛が溢れているからなんだろうか。

脚本:ジュディス・リーブス=スティーブンス(Judith Reeves-Stevens)   ガーフィールド・リーブス=スティーブンス(Garfield Reeves-Stevens)
監督:デイブ・バレット(Dave Barrett)

フロックスが優生クリンゴンを作ることを拒否していたのは、どうやら前回考えたことに近い理由だったみたい。
基本的にフロックスはクリンゴンが嫌いみたいです。

まぁ、私としてはクリンゴンの基本に新スタートレックのウォーフがいるせいで理性的なイメージが強いけど、本当にクリンゴン的なクリンゴンは粗野だからなぁ。
知性派のフロックスが嫌いでも仕方がない。


しかし、クヴァグ将軍がブラッドワインを飲んで「四人の戦士」と医者であるアンタークも戦士に数えたシーンは格好良かった。
すごく背筋が震えました。


結局、地球の諜報機関の目的はなんだったのか。
最後のリードとの会話からすると、優生クリンゴンの実験が失敗したのも地球側の策略だという風に取れないこともないんだけど・・・。
まぁ、クリンゴンに裏切られたハリスの単なる強がりって可能性も高い。


タッカーはなんだかんだで最終回までエンタープライズに乗っていることになりそう。
しかし、本当にこの進展のないタッカーとトゥポルの恋愛話はどうでもいいです。


今回のでクリンゴンの謎について一応の説明はついたけど、なぜ宇宙大作戦で出てくるクリンゴンが全員額に隆起がないのかは不透明のまま。
優生遺伝子だから、もし額に隆起のないクリンゴンと、あるクリンゴンの間に子供ができたら、隆起は無くなる可能性が高いと思うけど・・・。

強くもないのに額に隆起がないクリンゴンが結婚相手として選ばれるか否かというと、凄まじく疑問。
両者の間に内乱があって、額に隆起があるクリンゴン人がほぼ全滅したというのなら納得はできるかな?


▽関連サイト▽
STAR TREK Enterprise
スター・トレック STAR TREK ブログコミュニティ - テレビブログ
トレックバック・ピープル - トラックバック・ピープル


B0001FABRQゴールデン・ヴォイス
イングマン(ニック) ラボック(ジョン) ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

ユニバーサル ミュージック クラシック 2004-03-24
売り上げランキング : 5391

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スター・トレック エンタープライズ DVDコンプリート・シーズン 1 完全限定プレミアム・ボックス スター・トレック エンタープライズ DVDコンプリート・シーズン 2 完全限定プレミアム・ボックス スター・トレック エンタープライズ DVDコンプリート・シーズン 3 完全限定プレミアム・ボックス スター・トレック エンタープライズ DVDコンプリート・シーズン 4  完全限定プレミアム・ボックス (5000セット限定生産) Star Trek The Next Generation - Starship: U.S.S. Enterprise NCC-1701-D (All Good Things)


にほんブログ村 テレビブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。