bn_natume_rin_300.jpg

2008年06月08日

スタートレック・エンタープライズ-STAR TREK ENTERPRISE- 第91話「クリンゴンの苦境」

なんか一気に最終回に向けて物語が動き始めたような気がします。
しかし、タッカーは何を考えているのか分からない。
仕事に私情を挟んでしまうぐらい好きだと思っていて、相手の気持ちも分かっている風なのに二の足を踏んでいるのはなぜなのか。

やっぱり、トゥポルが感情の制御を取り戻して人間味が無くなってしまったのが原因なのかなぁ。

原案:マニー・コト(Manny Coto)
脚本:マイケル・サスマン(Michael Sussman)
監督:マイケル・グロスマン(Michael Grossman)

しかし、今回になって一気にクルーがバラバラになっていきます。
・・・ホシやトラヴィスは今まで通りなんだけど、正直存在感が薄いので(ホシに至っては最近は、翻訳機器としての役目しか果たしてない気がする)。

それにしてもクリンゴン人が考えることは突飛過ぎる。
受精卵の状態から優生クリンゴンを作るのでなく、成人に外的に遺伝子を変質させる因子を注入して作ろうとするなんて。
しかも、それが曲がりなりにも成功しているのは、ある意味凄いのかもしれない。

噂によると宇宙大作戦での額の隆起のないクリンゴン人についての謎の説明をする話らしいので、どういうオチを持ってくるのか期待。


あと分からないとすれば、フロックスがどうして優生クリンゴンを作るのを拒否する理由。
遺伝子操作が禁止されているのは地球の法律でのことで、デノビラでは普通に遺伝子操作しているって自分で言ってたと思うんだけど・・・。
だったら別に優生クリンゴンを作ることを躊躇する必要はないわけで。

思いつく理由としたら、単に『凶暴なクリンゴンを更に強くしたりするようなことをしたくない』ってぐらいの理由しか思いつかないんだけど。


▽関連サイト▽
STAR TREK Enterprise
スター・トレック STAR TREK ブログコミュニティ - テレビブログ
トレックバック・ピープル - トラックバック・ピープル


B001AE59OMStar Trek The Next Generation - Starship: U.S.S. Enterprise NCC-1701-D (All Good Things)

ダイアモンドセレクト 2008-10-26
売り上げランキング : 466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 テレビブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。