bn_natume_rin_300.jpg

2008年05月27日

シゴフミ 第11話「メザメ」

なんかもう『次回に続く!』って感じの話で、観た後は感想云々よりも早く続きが観たいって気持ちになります。

なんていうか要の話す美川文歌と、現在存在する二人のフミカの印象が全然しっくりこないんだよなぁ。
どうも、そこら辺が非常に気になります。

脚本:大河内一楼
絵コンテ:須間雅人
演出:長井龍雪
作画監督:岩瀧智、杉本功、岡本真由美、野村芙沙子

もしかして三人目がいるんじゃないだろうか。


完全に自己主張の弱い子供であるフミと、罪を裁かれたいミカ。
フミがミカを撃ったのは、父親を撃ったのがミカであることに対しての衝動的なものだろうけど。

気になるのはどっちも『自分がキラメキを撃った』と思ってることなんだよね。
情報が錯綜している上に、結局のところ同一人物の犯行なので、どちらの言葉が正しいという判断を下し難いです。

最終的にフミがミカを撃って、人格が統合されたように見えるけど・・・。
なんか口調がどちらのフミカとも違うので異様に違和感がある。

意志の強さはミカの方のようにも思えるけど、喋り方がハキハキし過ぎているし・・・
これは『フミに対する罪悪感のない状態のミカ』に近い感じなのか?


自分が好きになったのがフミじゃなくてミカなんじゃないかと気付いてしまっている要としては、今の文歌統合体はどう映るんだろう。

そして何やらフミカのために一生懸命動いていたチアキだけど、すでに手遅れになっている状態なんだけど、一体どうするつもりなんだろうか。
まさか、これで出番終わりってことはないだろうから、次回で何かやるんだろうけど・・・


そして最後に出てきた謎の女性。
もしかして文歌のお母さんだろうか。
・・・なんか凄くクセのある人物の予感です。


▽関連サイト▽
シゴフミ公式サイト
シゴフミ ブログコミュニティ - アニメブログ
「シゴフミ」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター


B0018DEX8Sシゴフミ マル秘日報 CD 第1巻
アニメ≪CD‐ROM付≫

ランティス 2008-06-25
売り上げランキング : 551

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シゴフミ 一通目 シゴフミ 二通目 シゴフミ 三通目 シゴフミ 四通目 シゴフミ オリジナルサウンドトラック


にほんブログ村 アニメブログ(←クリックでランキングにご協力を)
posted by BoisterousBone at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98097390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。