bn_natume_rin_300.jpg

2008年04月30日

狂乱家族日記 第壱わ「凶華様、君臨す!」

バンダイチャンネルで放送が始まったので観るだよー!

・・・・・・。
・・・・・・。

ええ、確かに私は原作の狂乱家族日記が好きで、作者の日日日さんの他の作品にも手を出そうとしてますけども。

脚本:池田眞美子
絵コンテ:黒田やすひろ
演出:黒田やすひろ
作画監督:古賀誠

このアニメ化、もしかして滅茶苦茶ハズレっぽくないですかぁ!?

スタッフの原作理解度が限りなく低い気がしてなりません。

テンション高過ぎて終始置いてかれっぱなしでした。
原作読んでる自分でこれなんだから、このアニメから入った人は確実に付いていけないと思います。

原作ではまだこの段階では口にしてない「頼もしいことにこの凶華様は全知全能だぞ!」という決め台詞を言わせるためだけに、凰火を蹴り飛ばしたり、雹霞に足舐めさせたりしたのかと思うと泣けてきます。

キャッチーにしよう展開弄って、逆にキャッチーさがなくなってる感じっていうか、正直に言うと普通につまらない気がしてしまうんですが今後も観続けたいのでそれについては直視しないようにしようと思うんです。ええ。

特に、メインである凶華の性格の改変が気になります。
凶華の唯我独尊さが言動ではなく、行動で表現されてるのがなぁ。原作の罵倒をそのまま使えばいいのに、無理にオリジナルを使用するから安っぽくなってる。
原作の魅力の一つである会話の面白さが台無しになってます。
そりゃ、動いた方がアニメという媒体的には面白いのかもしれないけど、「とりあえずキャラが動いとけばおもしろいじゃね?」って考え方は止めていただきたい。
というか、凶華は負けたら勝負を無効にすればいいだけなんだから、わざわざズルをする必要性はないんだけどね。
原作にも「ゲームは難しいほど楽しいのだ」って台詞があるし。

シリーズ構成の池田眞美子さんがこの作品を好きじゃないんだなぁってのがヒシヒシと伝わってきて悲しくなります。


しかし予告を見ると、もしかして一巻分の内容をもう次回で全て決着つけてしまうつもりだったりする? そんな無茶な。

ただでさえ重要な凶華の自分の境遇に対する告白がカットされてるのに、ここにきて更に色んなものをカットしまくってとりあえずハッピーエンドにされても・・・・・・

駄目だ。書けば書くほどに希望が見えなくなってくる。
願わくば、このアニメが後半持ち直しますように!


▽関連サイト▽
狂乱家族日記 公式サイト
狂乱家族日記 ブログコミュニティ - アニメブログ
「狂乱家族日記」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
日日日 ブログコミュニティ - 小説ブログ

B0016OL3D2狂乱家族日記 壱かんめ
藤村 歩 近藤孝行 藤田圭宣

バンダイビジュアル 2008-07-25
売り上げランキング : 2327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 アニメブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力下さい)


posted by BoisterousBone at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。