bn_natume_rin_300.jpg

2008年04月27日

苺ましまろ vol.5

アニメも後半戦になって、どんどんテンションが下がっていきますってエーッ!?
最初は萌えアニメかギャグアニメか、どっちに傾くか悩んでいた感がありましたが、最終的には萌えの方に特化することに決めたみたいです。

B000CFWNGC苺ましまろ 5
生天目仁美 千葉紗子 折笠富美子

ジェネオン エンタテインメント 2006-01-25
売り上げランキング : 16748

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


夏編では洒落にならない行動を繰り返して美羽が今巻では、なんだか大人しめ。
自分としてはちょっぴり残念なアニメ化になってしまうかも。

第9話 「育ちざかり」
脚本:花田十輝 / 演出:楠本巨樹 / 絵コンテ:おざわかずひろ / 作画監督:柳瀬譲二

ダイエット話。

美羽の「太」の文字が達筆過ぎて笑った。
美羽の「うめー!」はもっとわざとらしさがほしかったなぁ。

妹のために一肌脱ぐお姉ちゃんは優しいけど、
「茉莉ちゃんは人数合わせで呼んだだけだから」って酷い(笑


あれっ・・・剣道がない・・・
前巻でもそうだったけど原作のエピソードから色々削られてるんなぁ。
しかも、どうして自分の好きなシーンばかり削るのか!

アニメで「すそーーーっ!」が見たかったです(´・ω・`)


全体的にギャグ分が薄まってるなぁ。
いや、これはこれで面白いんだけど、何だか納得いかないものがあります。


第10話 「花」
脚本:横手美智子 / 演出:太田雅彦 / 絵コンテ:池端隆史 / 作画監督:清丸悟

お姉ちゃんの動機も、結末も原作とは全く違う話になってました。
これを観て私は「あっ、完全に萌えに走ったな」と思いました。

原作ファン的にはこのアニメ化はどうなんだろうなぁ。
私としては無しではないけど、こう・・・・・・ねぇ?


で、本編。
冒頭、伸恵お姉ちゃんが原付で走ってる時に、そのヘルメットの留め金がカットによって付いたり外れたりしてるんだけど・・・
これって単純にミスだよなぁ。なんか意図があったりするんじゃなくて。


原作と違って完全なる善意でメンバーを呼び出すお姉ちゃんだけど(原作だと確か「唐突に蕎麦が食べたくなった」から)、理不尽に呼び出したわけじゃないから振り回されるお姉ちゃんが見てて可哀想になってしまう。


帰り道の美羽と千佳の会話が非常に小学生らしくて良い感じです。


▽関連サイト▽
『苺ましまろ』アニメ公式サイト
苺ましまろ ブログコミュニティ - 漫画ブログ
苺ましまろ - トラックバック・ピープル


苺ましまろ 5 (5) 苺ましまろ(限定版) 苺ましまろ オリジナルビデオアニメーション 1〈初回限定版〉 苺ましまろ オリジナルサウンドトラック 苺ましまろ DRAMA CD Volume1


にほんブログ村 アニメブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力を!)


posted by BoisterousBone at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。