bn_natume_rin_300.jpg

2008年04月15日

篤姫 第14回「父の願い」

親子の絆は駄目だよぉ。
駄目だ駄目だ、年々自分が涙もろくなってるのが非常に分かる。
昔はこんなことでウルッと来たりしないのが売りのクールガイだったのに!

脚本:田渕久美子
演出:佐藤峰世
製作統括:佐野元彦

しかし、予想通りとは言え、前回の予告の作り方は本当に秀逸だったなぁ。

英姫のあばたの件なんて、普段は明るめの曲が掛かって「なぁんだ、そうだったのかぁ」ってほっと一息を吐くシーンなんだけど。
今回はその間もずっと前のシーンからの続きの緊張感の漂う音楽が続いていて気を休ませてもらえません。

それもこれも最後の斉彬が篤姫に、今和泉島津家の父である忠剛の死を伝える瞬間のため。

斉彬役の高橋英樹がもったいぶり過ぎてて、もう息を呑む息を呑む。


忠剛が木の上に娘の幻影を見るところは、流石にやり過ぎじゃないかと醒めてしまいましたが、それでも親子の愛を描いたものに弱い私はあっさりと陥落してしまいました。
特に斉彬の「なれど・・・、伝えるなと言うたは父の気持ち。そして、それを知りながら伝えたのもまた、父の気持ちじゃ」ってセリフは反則過ぎる。


次回は江戸は上がってきた西郷も交えて、なんか色々起こりそうな感じ。

しっかし、また今回も予告の編集がうま過ぎです。
なんか西郷が死んじゃうんじゃないかって雰囲気まで漂わせてます。


▽関連サイト▽
大河ドラマ 篤姫
大河ドラマ篤姫 ブログコミュニティ - テレビブログ
2008年NHK大河ドラマ:篤姫(あつひめ) - トラックバック・ピープル
「篤姫」レビュー:ドラマレビュー トラックバックセンター

篤姫 有田焼  白梅 千代香 n_ama-668329篤姫 有田焼 白梅 千代香 n_ama-668329


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 テレビブログ


posted by BoisterousBone at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。