bn_natume_rin_300.jpg

2008年04月13日

スケッチブック〜full color'S〜 第1巻

なんか凄くスタッフの気合が伝わってくる作品です。
熱いぜ! スタッフ!

作品はほんわかだけど、その背後から作っている人間の漲るやる気が感じられます。
いいわぁ、こういう作品。大好き。

B000XUSQ0Iスケッチブック~full color's~ 第1巻
花澤香菜 平池芳正

メディアファクトリー 2008-01-25
売り上げランキング : 3754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原作は未読です。

■page1「スケッチブックの少女」
脚本:岡田麿里 / 絵コンテ:平池芳正 / 演出:唐戸光博 / 作画監督:藤本さとる

あれっ、もしかして花澤香菜さん、また日本語喋らない畑のキャラなのかなって思ったら一先ず安心。モノローグだけど、ちゃんと喋ってた。

しかし、なんだか物凄いまったくのんびり加減です。
一応、笑いの要素も入ってるんだけど、それもクスリとする系で声に出して笑うようなものじゃない。

だけど、それが良い。
キャラクターの崩れもなく、背景も綺麗で、安心して世界観に浸ることができます。

第一話は部活のメンバーがそれぞれ『興味があるもの』を探す話。

興味があるものって探すのそんなに大変かなって思うけど、逆にできることがいっぱいあり過ぎて選択に困るし、興味があるものがあっても、それが絵に描けるものとは限らないわけで結構難しいかもしれない。

ところどころに入る訛りがいいなぁって思ってたら、どうやら博多弁を話すのは麻生 夏海だけみたい。ちょっと残念。

しかし主人公の空のキャラクターは凄くヒットだわぁ。
無口で恥ずかしがり屋で、でも色んなことに興味深々で、ちょっとズレてる。
天然記念物として保護しなければ。

花澤さんの演技もボソボソ喋ってるとか、そういう類のものじゃなくてキャラによく合ってるんじゃないのかしらー!


■page2「いつもの風景」
脚本:岡田麿里 / 絵コンテ:福田道生 / 演出:名取孝浩 / 作画監督:河野稔

なんか一話以上にすごいまったりさ加減。

キャラクターの演技が細かいところまで気が使ってあってすごいなぁ。
一直線に動くんじゃなくて、その間にちょいちょい細かい小芝居を挟んできているのがイイ!

あと画面が結構『引き』が多いので、なんだか客観的に観てしまうんだよねぇ。
学生達が楽しそうにしているのを見てる部外者な気分。
それが根岸大地みたいなドタバタしたキャラが画面に入っても、あまりギャグギャグした感じにならない要因かもしれない。

それと神谷朝霞の妄想のシーンはかなり寄ってたね。
で、逆に空の表情にどんどん寄っていく。
ちゃんとそこら辺を計算してやっているのが判って、本当にレベルが高い製作陣なんだなぁとヒシヒシと感じる。

2話にして早くも虜になりそうです。

日常レベルの話を描くアニメ作品は最近は増えたとはいえ、ここまで大きな騒動も何もなく、しかも飽きさせずに描いてしまうのってかなり凄いんじゃないだろうか。


▽関連サイト▽
スケッチブック 〜full color's〜
スケッチブック 〜full color's〜 ブログコミュニティ - 漫画ブログ
スケッチブック 〜full color's〜 - トラックバック・ピープル
「スケッチブック 〜full color's〜」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター

テレビ東京系アニメ「スケッチブック~full color’s」サウンドスケッチブック 風さがし スケッチブックを持ったまま スケッチブックパーフェクトワークブック (BLADE COMICS) スケッチブック 5 (5) (BLADE COMICS)

にほんブログ村 アニメブログ(←よろしければランキングにご協力下さい)


posted by BoisterousBone at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。