bn_natume_rin_300.jpg

2008年04月06日

バトルスター・ギャラクティカ-BATTLESTAR GALACTICA- 第7話「裏切りの告発」

いやもぉ、何が何だか。
何が本当で何が嘘なんだか分かりません。
シックスセンス的な世界に突入することだけは回避していただきたいですが・・・
どうやってオチを付けるつもりだ、コレ?

脚本:マイケル・アンジェリ(Michael Angeli)
監督:ロバート・ヤング(Robert Young)

ここでバルターが退場するのではないかと思うほどの緊迫感でした。

てっきり、土壇場でバルターがサイロン探知機を完成させてシェリー・ゴッドフリーがサイロンであることを暴くのかと思ったら、物語は凄い勢いで明後日の方向へ。

なんていうか、ちゃんとSF的な説明が用意されているのかどうか激しく不安になる驚愕の展開具合です。

というか、これはもうサイロン探知機は当分の間完成することは無さそうだなぁ。
製作者サイドが明らかに完成されると困るって感じの雰囲気を放っている。


しかし大統領はスターバックを見捨てさせといて、帰還の報告に大喜びしてた前回といい、バルターを見捨てといて無罪だと分かったら手の平を返した今回といい、凄い面の皮の厚さです。
やっぱ、こういう人じゃないと政治家なんてやってられないということか。


そして、ついに触れられた鹵獲されたサイロンのレイダーについてですけど・・・
えーーー、いきなり操縦方法の研究から開始ですかーーー!?

普通、こういうのって構成物質とかそこら辺の追求から攻めていきませんか!?
なんか、ここら辺のギャラクティカクルーの行動はピントがずれてる感じがします。

そういえば、この作品ってまともな科学者ってバルター博士ぐらいしかいないような・・・
なので普通なら彼がレイダーについても調べたりもする立ち位置なんだろうけど(サイロン探知機の研究にも役立ちそうだし)、なんか全然そんな様子はありませんね。


そしてヒロと一緒に居るブーマーは、なんか背骨が真っ赤に輝いてたりしてたので、これはもうサイロンであることは確定かな。
だとしても、彼女達の目的が何なのかは相変わらず不明なんだけど。

以前の人型サイロンの会話を考えると人類を滅ぼすのは決定事項のようだし、その状況でヒロを生かしてこういう研究みたいなことをしているのは謎過ぎる。


謎は減るどころか、どんどん増えていくばかり。

一向に謎が解明される気配がないので、本当に明らかにするつもりがあるのかそろそろ不安になってきた今日この頃です。


▽関連サイト▽
Super! drama TV | BATTLESTAR GALACTICA
バトルスター・ギャラクティカ - トラックバック・ピープル

Battlestar Galactica: Season One [Original Soundtrack]
Battlestar Galactica: Season One [Original Soundtrack]Richard Gibbs Bear McCreary Bear McCreary

La-La Land 2005-06-21
売り上げランキング : 221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Battlestar Galactica (Original Soundtrack from the Sci-Fi Channel Miniseries) Battlestar Galactica: Season 2 Battlestar Galactica Season 3 [Original Television Soundtrack] Battlestar Galactica (Original Soundtrack) (25th Anniversary Edition) Battlestar Galactica: The Official Companion Season Three (Battlestar Galactica)


にほんブログ村 テレビブログ(←記事が面白かったらクリックとかしてくれると嬉しいです)


posted by BoisterousBone at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。