bn_natume_rin_300.jpg

2008年03月17日

シゴフミ 第9話「サイカイ」

ここまで配達人が自分達の存在を秘密にする気がないのに、その存在がまったく世間に知られてないのは不思議。

しかし、シゴフミに出てくる女の子達は何でこんなに可愛いんだろうなぁ。
黒星紅白さんのキャラクター原案と、川上哲也さんのキャラクターデザインがうまいことマッチしているのも大きいと思うけど・・・
同じ黒星原案の「アリソンとリリア」が酷いことになっているのを見ると見ると余計にそう思います。

脚本:大河内一楼
絵コンテ:下田正美
演出:鈴木 行
作画監督:吉田隆彦、吉田尚人、田畑 昭


今回はチアキに関するお話。

今回は猫を追跡した回で手に入れたお金で旅行に行こうと言い出すチアキ。
配達人って仕事じゃなくても地上に降りてこれるのか・・・
普通、死人は生前に交流があった人物と会っていけないとか、極力地上のことには関わらないという掟があるという設定を作りそうなものだけど、シゴフミではそんな雰囲気は微塵も無し。
せいぜい、チアキ初登場回で匂わせた「人の生死に関わってはならない」という感じのことぐらいか。

そういえば、あの回で突然降って来た雨に対するフミカの反応から推測すると、配達人を統括している存在はかなり甘々な性格なのか?

それともチアキに今回のシゴフミを最高のロケーションで届けるために、わざわざ休暇を出したのか。

どっちにしろ、配達人に対して非常に甘いですな。



前半は明るいギャグ話、後半はちょっとせつないチアキのお話。
・・・私はこういう話に弱いです。別れた男女がずっとお互いを想い合っていたとかクリーンヒット過ぎる。
シゴフミは私の弱い部分を的確に狙ってきます。

まぁ、ちょっと「ありえねぇ〜」とか思ってしまったのも事実ですが、そこは才蔵の愛がそれだけ深かったということで。
あるいはあれ以降、女性にまったく縁がなかったということで。


チアキが出てくるとその性格もあって他の話と違って明るい雰囲気になります。
カナカも結構賑やかしだけど、フミカ相手にはちょっと役不足。
チアキが絡むと、フミカの可愛い部分が引き出されるので非常に観ていて楽しい。


しかしチアキが「子供っぽく見える大人」なのか、それとも見た目通りの年齢で死んだのか。どっちなんだろうなぁ。
今回の話を見る限りでは、どっちにも取れるのがうまいところ。


スタッフを考えると、ここら辺でもう一回かなりヘビーな欝話が来そうな予感がします。

(脚本:大河内一楼 絵コンテ:下田正美 演出:鈴木 行 作画監督:吉田隆彦・吉田尚人・田畑 昭)

photo
シゴフミ 一通目
大前茜 代永翼 松岡由貴
バンダイビジュアル 2008-03-25
売り上げランキング : 440
おすすめ平均 star
star人間の本質を実に丁寧に描写していると思われます。
star死人に口無し。されど真実は残酷
star個人的には好きなジャンル
star一度見ると忘れられない作品
star続きが気になるアニメです。

シゴフミ 二通目 シゴフミ 三通目 シゴフミ 四通目 シゴフミ オリジナルサウンドトラック 狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産)

by G-Tools , 2008/03/17



【ランキング】よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ
posted by BoisterousBone at 21:13| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89935539

この記事へのトラックバック

「シゴフミ」レビュー
Excerpt: アニメ「シゴフミ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):文伽(植田佳奈)、マヤマ(松岡由貴)、町屋翔太(代永翼)、綾瀬明日奈(仙台エリ)、野島要(寺島拓篤)、葛..
Weblog: アニメレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2008-03-19 05:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。