bn_natume_rin_300.jpg

2009年09月03日

臨場 第10話「十七年蝉」

「この男はァ! 倉石さんの奥さんを殺した男じゃないですかッ!!」

9話を録り損ねていたので飛ばして最終話の10話を観る。
やっぱりというか当然というか、17年前の事件が最終話に持ってこられました。

しかし、やっぱりそこは予想外の展開。
なんていうか、この時間帯のドラマは毎度毎度妙に出来が素晴らしい。

脚本:佐伯俊道
監督:猪原達三

同じ犯人によって妻を殺された二人の男。
倉石の言っていることは正論で非常に正しいんだけど、だけど正しいだけで意味がない。
復讐という行動を取った男の一部に共感することはできるけど、その行動を否定することはできない。


憎い相手の死体を前にして、目を瞑った倉石の周囲の音が消える演出がぐっと来た。


立原が17年前の事件に対して『自分が捜査に加わっていたら解決できたはず』と考えていたのも印象的。

事件を解決した倉石と立原がグラスで静かに乾杯するシーンがじんわりと泣ける。


王道とは少し外れつつも、真っ直ぐに心に届くなかなかに面白いドラマでした。


▽関連サイト▽
テレビ朝日|臨場
「臨場」レビュー:ドラマレビュー トラックバックセンター
臨場 ブログコミュニティ - テレビブログ村


臨場 DVD‐BOX(仮)臨場 DVD‐BOX(仮)

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2009-11-21
売り上げランキング : 13918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 season 7 DVD-BOX 2(6枚組) 相棒 season 7 DVD-BOX 1(5枚組) 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD] MR.BRAIN DVD-BOX BOSS DVD-BOX


にほんブログ村 テレビブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)
posted by BoisterousBone at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。