bn_natume_rin_300.jpg

2009年08月31日

臨場 第4話「眼前の密室」

「まぁ、誰にだって・・悔いの残る捜査の一つや二つはある」

4話目にして倉石と立原の対立が判明。
今まで出ていた情報から予想される通りの事情でした。

あと、今回ゾルダが出てた。

脚本:岩下悠子
監督:猪原達三

気になるのは立原が倉石に対して引け目を感じている点。
立川は途中で捜査から抜けた自分に対して倉石が不審の目の持っていると思っているようだけど、一話や二話の様子からするとむしろ倉石よりも立川の方が敵意を持って接している感じ。

・・・う〜ん、もしかして引け目が一回転して被害妄想気味になって防衛本能が働いてしまっているのかな?

今回は倉石が捜査に口を挟むことなく、順調に捜査していった結果犯人に辿り着きました。
うん、主人公以外の刑事が単なる馬鹿として描かれていないのはドラマとして非常に満足。


一ノ瀬も冒頭で検視をほとんど倉石から任せてもらっていたり、積極的に行動して真実に辿り着いたりと順調に成長していっている。
第一話で感じた以上にキャラクターに幅があるドラマです。


しかし、まさか一匹のクワガタからあそこまで辿り着くとは。


▽関連サイト▽
テレビ朝日|臨場
「臨場」レビュー:ドラマレビュー トラックバックセンター
臨場 ブログコミュニティ - テレビブログ村


臨場 DVD‐BOX(仮)臨場 DVD‐BOX(仮)

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2009-11-21
売り上げランキング : 8955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 season 7 DVD-BOX 2(6枚組) 相棒 season 7 DVD-BOX 1(5枚組) 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD] MR.BRAIN DVD-BOX BOSS DVD-BOX


にほんブログ村 テレビブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)
posted by BoisterousBone at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126899470

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。