bn_natume_rin_300.jpg

2009年07月13日

薬師寺涼子の怪奇事件簿 ファイルファイル「東京デッド・オア・ラブ(後編)」

「貴女、死ぬのは怖くないの?」
「勝つことの方が重要!」


終わった。
特に自分の中で盛り上がらないままに終わってしまった。
つーっても、自分の中で素直に面白いと思えたのは四二脚本監房が脚本を書いた時だけだったけど。

後にはただ「四二脚本監房って誰なんだ?」という疑問が残るだけ。
ただ薬師寺涼子という女の思考回路は非常に独創的で面白かったです。

脚本:川崎ヒロユキ
絵コンテ:佐藤竜雄
演出:岩崎太郎
総作画監督:谷口淳一郎
作画監督:上石恵美、いずみひろよ、洪錫杓、佐々木敦子
ミリタリー作監:牧孝雄
原画作監補佐:狩野正志

もなみが生き残ったのは意外だったなぁ。
こういう作品に影響を与えそうなオリジナルキャラは排除されるのが常道なのに、まさか取り込んでしまうとは。
・・・それとも原作とは全く関係のないパラレルワールドなのかなぁ。


それにしても、いかにも何か仕込まれていそうなもなみのチョーカーが普通に最後までただのチョーカーでびっくりした。
瑠璃子が何か仕掛けているもんだとばっかり思っていたのに。

最後の方のもなみが死んだと思わせて、あっさり無事だったところといい、製作側でもそういうのを意図してるのかもしれない。


しかし、前回のピンチっぷりはなんだったんだろうなぁ。
なんか、あっさりと逆転してしまった。


面白かったのは涼子が『好きな男を自分の物にするためにライバルを殺そうとする』というもなみの心理を理解できると言い切ったところ。
う〜ん、流石は薬師寺涼子。自分のような人間の思考なんて軽々と飛び越える。
まさか、恋敵を殺そうとするのを肯定する展開にしてしまうとは思いもよらなかった。


▽関連サイト▽
StarChild:薬師寺涼子の怪奇事件簿
薬師寺涼子の怪奇事件簿 ブログコミュニティ - アニメブログ村
「薬師寺涼子の怪奇事件簿」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
薬師寺涼子の怪奇事件簿 - アニメスタッフデータベース - livedoor Wiki(ウィキ)


女王陛下のえんま帳―薬師寺涼子の怪奇事件簿ハンドブック (光文社文庫)女王陛下のえんま帳―薬師寺涼子の怪奇事件簿ハンドブック (光文社文庫)
らいとすたっふ

光文社 2008-06-12
売り上げランキング : 93005

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夜光曲―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫) SP薬師寺涼子の怪奇事件簿短編集 (マガジンZコミックス) クレオパトラの葬送―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫) 巴里・妖都変―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫) 薬師寺涼子の怪奇事件簿 10 夜光曲 前編 (マガジンZコミックス)


にほんブログ村 アニメブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。