bn_natume_rin_300.jpg

2009年07月11日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破【前作以上の満足感。そしてアスカ可愛い。あとフリクリとカレカノ】

うおおおおおお、アスカー!!
アスカだー! アスカだー!!

そんなわけでヱヴァンゲリヲン観てきたんだぜー!!
単純に単純に単純に面白かったとしか言いようがない。
だってアスカが出てるんだものー!!

序の時も面白かったけども、やっぱり自分はレイよりアスカ派なんだなぁってのを実感させられた。

っていうか、登場シーンのほとんどが下着姿なんですけどアスカー!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー プラグスーツVer. (1/6スケールPVC塗装済み完成品)ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー プラグスーツVer. (1/6スケールPVC塗装済み完成品)

壽屋 2009-10-25
売り上げランキング : 28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

監督:摩砂雪 、鶴巻和哉
原作・脚本・総監督: 庵野秀明

いきなりウルトラマンっぽい効果音で始まる映画。
ネットでの話によるとあれは『帰ってきたウルトラマン』の効果音らしい。

・・・つまり『最初は同一人物設定だけど途中から前の人とは別人設定になった』ってことかい?


ネットではこの破で『ヒーローになった』と言われているシンジだけど、自分にはどうにもそこらへんは怪しく思えるなぁ。
それは、この物語から妙に浮いているマリのシンジに対する『都合の良い奴』発言がそれを端的に表していると思う。
ここら辺、今回の展開に関する監督の正直なところな感想だろうなぁ。
で、こんなこと呟くような人間がこのままの路線を維持するとは思いにくいっていうか、庵野秀明が真っ正直な物を作ると信用することが自分には不可能。
いや、ある意味では非常に真っ正直な作品作る人ではあるんだけども。
むしろ、この雰囲気を最後まで維持してハッピーエンドにする方が観ている人間へのサプライズだよ。


序の時も思ったけど、登場人物が皆、人間関係に積極的になってる。
アスカがレイに対して悪意をぶつけるのはそのままだけど、破のレイはそれをスルーせずに正面から受け止める。
というか、序の時は基本的にテレビシリーズをなぞっているだけに見えたレイが、破では性格が前向きというか喜怒哀楽をはっきりと表現するようになっている。


今回、一番ぐっと来たのはやっぱりアスカを3号機に乗せるというアイディアだよなぁ。
テレビシリーズを観ていれば、トウジが乗ると見せかけてアスカが乗るという展開に驚くわけだし、その後の3号機の運命を知っているだけにアスカとミサトの会話がもう切なくて切なくて。
っていうか、てっきりそのままアスカが死んでしまったと思ったので、その後に生きているということが明かされて安堵と共に拍子抜け。
っていうか、この甘さが後の欝展開のための布石に思えて逆に怖くなったりもした。
まぁ、テレビでもトウジは初号機に握りつぶされても生きてたしなぁ。なんだかんだでエヴァのパイロット保護は優秀。やたらとプラグの排出に失敗するけども。


っていうか、アスカだよー!
プラグスーツか制服を着ていない時はほとんど下着姿ってアンタ。
っていうか、下着の上にエプロンは反則。
ミサトが帰ってきた時に(シンジかもしれないのに)全く慌てる素振りがないところを見ると、どうやら普段からあの格好で生活してるっぽい。
・・・シンジ君には目の毒だわー。

テスト用のプラグスーツもスケスケでエロい。尻の割れ目まで見える。
っていうか、レイが素っ裸になって着てる印象が強かったので、てっきりプラグスーツって裸にならないと駄目なのかと思ってた。
それとも、あのブラはスケスケプラグスーツのパーツの一つなんだろうか。

そして次回予告の最後の最後で姿を見せる眼帯アスカ。
厚顔不遜な表情をしていたけども、これはあっさりと復活すると考えた方が良いのだろうか。
・・・マリじゃないけども『都合が良い』って風に思えてしまうのは自分の穿ちすぎなんだろうか。
わざわざ、アスカがどうなったのか本編で見せずにいたのに、予告であっさりとネタバレかます所が怪しすぎる。


それにしてもマリの異物感は半端ない。
『エヴァに乗るか乗らないかで悩む奴もいる』という段階を想像することすらできない、アスカ以上に好戦的な性格の持ち主。
戦闘の痛みを『面白いからまぁ、いいか』とあっさりと肯定したり、大人を自分の目的のために利用する気満々だったりと、シンジと共通する部分がエヴァのパイロットというところぐらいしかないような異物感。
基本的に似たような人間ばかりが集まって作られていたエヴァの世界観をどういう風に引っ掻き回すのか。
・・・『Q』で惨い死に方しそうな気がするのは自分だけ?

ところでマリのあの眼鏡はウルトラアイをするためにあのデザインなのか、それともデザインが先にあっての後付ウルトラアイなのか。


アクションシーンは前回以上にパワーアップして文句の付け所がない。
もうエヴァが縦横無人に動き回り、使徒も使途で多種多様な変化を見せる。

ああ、予算があるって素敵!
序の時もそうだったけど、テレビでは省かれていたり演出で誤魔化したりしたシーンをちゃんと描写することで状況が分かりやすくなっている。

ただ、一方でCGIの多様のし過ぎはちょっぴり気になった。
遠目の通行人や生徒をCGIで作るのは良いけれども、それをアップで見せるのはやっぱり無理がある。
ところどころエヴァもCGIになってたけど、やっぱりどうしても他の場面から浮いてしまうなぁ。
乗り物関係は見慣れてしまって、最早すんなりと受け入れてしまえるようになってしまったけども、モブに関しても何年か経ったら違和感なく見てしまうようになるのだろうか。


最後の方の『シンジのヒーロー化』は、その直前のビーストモードの2号機の大暴れや、使徒にぱくりと食われる0号機などの辺りから、どうにも『フリクリ』臭がしてしまって完全にのめり込むことが難しかった。
あそこ辺の流れの管理は総監督の庵野秀明ではなく、『フリクリ』の監督でもあった鶴巻和哉がやっていたのかも知れない。
使徒のコアからレイを助け出そうと潜っていくシーンなんかは、思いっきりシンジの顔がタッくんになってた。


あと、違和感を持ったのは音楽の使い方かなぁ。
『今日の日はさようなら』と『翼をください』の劇中での使われ方はやっぱり違和感があるなぁ。
どうも物語に没頭することを拒否しようとしているように思います。
特にアスカの『今日の日はさようなら』は展開と歌詞を照らし合わせるとギャグにしかならない。
『翼をください』も「あの大空に翼を広げ飛んでいきたいよ」って歌った直後に槍に貫かれて地面に張り付けだもんなぁ。

それと、やたらと『彼氏彼女の事情』の音楽が使われていたのが印情的だった。
ヱヴァ破のサントラに入っている『KK(カレカノ)』が付いた曲を数えると10曲もある。


とりあえず、非常に満腹。
映画でこれだけの満足感を得られたのは一体いつぶりか。とても108分間しかないとは思えない。
展開のうまさやキャラクターの魅力的な描写など脚本家としての庵野秀明の凄さが光ります。

次回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』も楽しみではあるのですが、今回の『破』で満足してしまってこの満足感が裏切られるぐらいならあえて観なくてもいいかも・・・なんて考えてしまっている自分もいたりする。


▽関連サイト▽
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 公式サイト
ヱヴァンゲリヲン新劇場版ブログ:破
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」レビュー :映画レビュー トラックバックセンター
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 ブログコミュニティ - 映画ブログ村
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 - トラックバック・ピープル


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITIONヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
サントラ Narciso Yepes シックス・ジョーズ・ウィズ・ストリングス

キングレコード 2009-07-08
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック リボルテックヤマグチ No.69 仮設5号機 リボルテックヤマグチ No.68 新劇場版エヴァ2号機 Ver.2.0 Real Action Heroes 式波・アスカ・ラングレー


にほんブログ村 アニメブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」色々と新しいんだよ!
Excerpt: [新世紀エヴァンゲリオン] ブログ村キーワード  前作公開から、待つこと2年。ようやく公開!「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(クロックワークス/カラー)。興行の方も、公開と同時に好調なスタートダッシ..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2009-07-15 13:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。