bn_natume_rin_300.jpg

2009年07月08日

スーパーナチュラル<第3シーズン> 第8話(第52話)「呪いのクリスマス」

「他に入れる物は?」
「そうだなぁ、血と爪だろ。・・・あっ、肝心な物を忘れていたよ。歯を入れなきゃ!」
「まぁ、アナタったら!」


オリジナルのサブタイトルは『A Very Supernatural Christmas』。
直訳すると『非常に超自然なクリスマス』だけど、番組名を考えると『とってもスーパーナチュラル的なクリスマス』ってぐらいな感じかな。

メリー・クリスマース!
そんなわけでクリスマスを題材とした話ですが、流石はスーパーナチュラル。全然神聖な雰囲気になどならないし、安易な奇跡を起こしたりもしません。
ここら辺の一貫性は素晴らしいなぁ。

脚本:ジェレミー・カーヴァー(Jeremy Carver)
監督:J・ミラー・トビン(J. Miller Tobin)

今回出てきたホールド・ニカー(Hold Nickar)についてネットで検索してみたけど、あんまりヒットしない。
どうやら日本ではかなりマイナーな類の神のようだ。

とりあえず、ゲルマン神話に出てくるギリシャ神話のポセイドンがルーツの神だということは分かった。
更にサンタクロースの元になった聖ニコラウスの、更に元になった神だという話もヒット。
実際、聖ニコラウスが海運の守護聖人であることを考えると、ポセイドン的な側面があるようにも思える。

つまり、今回の敵はある意味では本当にサンタクロースだったということか。
作っている人間の神話に関する知識に素直に関心。

スペイン語のWikipediaにホールド・ニカーの記事があったけど、流石にスペイン語の翻訳は難しい。
特にこういう専門用語がバリバリの内容は翻訳サイトがほぼ役に立たないからなぁ・・・

それにしてもどう見ても主神に近い立ち位置の神を、種族のようにしてしまうとは・・・相変わらずスーパーナチュラルの超訳はスゲェなぁ。


それにしても非常に今回はグロかった。
って、前回もそうだったっけ。今シーズンのスーパーナチュラルはグロさを増していく方向でやっているのだろうか。

特にサムが生爪剥がされるシーンは背筋がぞわっっとした。
爪が剥がされている割にはその後での二人っきりのパーティーのシーンで、まったく指を庇う様子が無かったのが気になるけども。


それにしても今回はどうしてコルトを使わなかったんだろうか。
・・・そう思ってスーパーナチュラルのWikipediaを見たら『闇に属するすべての存在を倒すことが出来る』と書いてある。
今回は相手が神様なのでコルトは役に立たないってことか。


それにしてもホールド・ニカーを目撃してしまった子供は一生のトラウマもんだろうなぁ。
煙突から入ってきたホールド・ニカーが父親を袋に詰めて連れ去るシーンは普通に怖かったよ。


▽関連サイト▽
Supernatural スーパーナチュラル 公式サイト
かつみ画廊: クリスマスに、こんな話。
アメリカンドラマ: Supernatural 3-08 "A Very Supernatural Christmas"
SUPERNATURAL ブログコミュニティ テレビブログ
「スーパーナチュラル」レビュー:ドラマレビュー トラックバックセンター


スーパーナチュラルオフィシャルエピソードガイドブック3(ACBooks)スーパーナチュラルオフィシャルエピソードガイドブック3(ACBooks)
藤田 佳奈子

AC Books 2009-06-27
売り上げランキング : 2189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SUPERNATURAL IV 〈フォース・シーズン〉 コレクターズ・ボックス1 [DVD] SUPERNATURAL IV 〈フォース・シーズン〉 コレクターズ・ボックス2 [DVD] ブラッディ・バレンタイン 完全版 3Dプレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD] SUPERNATURAL 〈サード・シーズン〉コンプリート・ボックス [DVD] スーパーナチュラルオフィシャルエピソードガイドブック2(ACBooks)


にほんブログ村 テレビブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力下さい)


posted by BoisterousBone at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。