bn_natume_rin_300.jpg

2009年07月04日

鉄腕バーディー DECODE 第11話「Bye bye Buddy」

「彼女を育てるだけだ」

なんていうか、全くカタルシスが無いので見ていて非常にイライラするなぁ。
アクション分もここ二話の間は皆無だし。

正直、ここからバッドエンドになっても「やっぱりか」だし、グッドエンドになっても「ご都合過ぎるだろ」って感想を抱いてしまうと思う。
なんていうか『奇跡を納得させるだけのパワー』を作品から感じない。

脚本:浅川美也
絵コンテ:赤根和樹、古賀一臣、中村憲由
演出:川畑喬
作画監督:千葉茂、飯飼一幸
総作画監督補佐:田中裕介、長谷川ひとみ、大河内忍、中屋了

どうも、ネット画面越しに事態が悪い方向に傾いてくのを見ているだけの気分。
見ていて妙な無力感を味合わせられる。

残り二話しかない状況で一体何ができるのかってなったら、シャマランと小夜香の関係にある程度の決着をつけるだけしかできそうにない。
その裏で暗躍している宇宙人連中については接近することすら無く終わりそうです。

なんか二クール制なのが悪い方向悪い方向に向かっている気がする。
こんなことなら、視聴者もなんら状況が理解できないままツトム目線で話を進めてバッドエンド迎えた方が面白かった気がするけども。
視聴者からすると下手に全体が俯瞰できているだけにバーディーの能力の無さがイライラするんだよなぁ。


そもそもツトムが好きになったのは『リュンカに寄生された後の小夜子』だっていうのが微妙な感じ。


▽関連サイト▽
TV ANIMATION 鉄腕バーディー DECODE
TOKYO MX *アニメ「鉄腕バーディー DECODE」
「鉄腕バーディーDECODE」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
鉄腕バーディー ブログコミュニティ - アニメブログ村
鉄腕バーディー DECODE - アニメスタッフデータベース - livedoor Wiki(ウィキ)


鉄腕バーディーDECODE バーディー・シフォン=アルティラ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)鉄腕バーディーDECODE バーディー・シフォン=アルティラ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)

アップラーク 2009-09-25
売り上げランキング : 3580

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クイーンズブレイドFrom Animation 戦闘教官アレイン ストライクウィッチーズ サーニャ・V・リトヴャク (1/8スケールPVC塗装済み完成品) 天元突破グレンラガン ヨーコ リアルイメージver. (1/6スケール (PVC塗装済み完成品) エクセレントモデル マクロスF<フロンティア> シェリル・ノーム ペルソナ4 久慈川りせ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


にほんブログ村 アニメブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。