bn_natume_rin_300.jpg

2009年07月04日

スーパーナチュラル<第3シーズン> 第6話(第50話)「幽霊船」

「撃ち殺すか?」
「人が多過ぎる」


オリジナルのサブタイトルは『Red Sky at Morning』。意味は『朝焼け』。
『Red sky at night, sailor's delight; red sky in the morning, sailor's warning.(夕焼けは船乗りの喜び、朝焼けは船乗りへの警告)』という諺が元になっているっぽい。
夕焼けは翌日の快晴の予兆であり、朝焼けは当日の悪天候の予兆を意味するということらしい。
それを話の中に出てくる幽霊船と引っ掛けているタイトルなのか。

ベラが再登場。発言がいちいち腹が立つ・・・っていうか、若干前回出た時とキャラが違ってる気がするんだけど。
前回はもうちょっと峰不二子っぽい立ち位置だった気がするんだけど、なんか再登場したら『悪い女』っぷりがくすんでしまった感じ。

脚本:ローレンス・アンドリース(Laurence Andries)
監督:クリフ・ボウル(Cliff Bole)

家族の件を濁したまま去ったところからすると製作陣は彼女をまた登場させる気満々だろうなぁ。
正直、前回はともかく今回の彼女はただただ不愉快な存在だったので登場しないでほしんだけど。


ひさしぶりにディーンがパクパク物を食べまくっていたのが印象的でした。
逆にサムは第二シーズンで罹った『人を救いたい病』を再発し始めている感じ。
そして最後の最後で前回の赤い目の悪魔の指摘を肯定するような発言をしてしまいました。

どうも今回のサムは妙にディーンに対して突っ掛かるなぁ。


そして冒頭のディーンの台詞からすると今回もコルトの弾丸には回数制限があるっぽい。
もっとも、ボビーが手間はかかるけど弾丸を作れるようになったという可能性もまだあるのだけれど。


▽関連サイト▽
Supernatural スーパーナチュラル 公式サイト
SUPERNATURAL ブログコミュニティ テレビブログ
「スーパーナチュラル」レビュー:ドラマレビュー トラックバックセンター


スーパーナチュラルVol.1 (竹書房文庫)スーパーナチュラルVol.1 (竹書房文庫)
佐野 晶

竹書房 2007-04-19
売り上げランキング : 186293

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スーパーナチュラルVol.2 (竹書房文庫) スーパーナチュラルVol.3 (竹書房文庫) スーパーナチュラルオフィシャルエピソードガイドブック1(AC Books) スーパーナチュラルオフィシャルエピソードガイドブック2(ACBooks) SUPERNATURAL スーパーナチュラル(ファースト・シーズン) Vol.1 [DVD]


にほんブログ村 テレビブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力下さい)


posted by BoisterousBone at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。