bn_natume_rin_300.jpg

2009年05月19日

鉄腕バーディー DECODE 第4話「A stranger flom Earth」

「それに、もう新しいバディはいます・・・ここに」

なんだか、どんどん重い方向に話が進みつつあるような。
どうも一話で予想した話とは違う感じになってきています。

相手方の目的が全然見えてこないなぁ。単純な結末としては愉快犯なんだろうけど・・・それだと、う〜んって感じだし。

脚本:大野木寛
絵コンテ:別所誠人
演出:堤雄一郎
作画監督:服部憲知
作画監督補佐:河野悦隆
作画協力:中屋了

第一話で出てきたつとむのオタクっぽい友達はどこ行ったんだ?
夏美達が勉強しているグループの中にはいないみたいだけど。
人間関係がいまいち分からないなぁ。


それにしても『リュンカ』が『見えざる死』という意味の大量破壊兵器だったのにはびっくり。
そんな単純なものだとは思わなかった。

だけど、ネーチュラーの見せた『リュンカ』に関する資料が、抽象的過ぎてどこまで参考になるのか不明。
あのイメージ通りのものだとすると爆弾以外のものには思えないんだけど。

そんなもの、テロリストか国家が持つぐらいしか使い道が無いよなぁ。
ましてや地球の上で使うメリットが今の所は見えてこない。
防衛に使うにしても星の外に飛ばせるミサイルが無いので自爆にしか使えないし、そもそも地球を破壊するメリットを持つ存在がいるとも思えない。
せいぜいが『潜伏しやすく、もし間違って発動させても被害の少ない地球で精製して、テロリストやらに売りさばく』ぐらいしか使い道がない。

でも今までの描写を見る限りは『リュンカ』というものがそんな単純な爆弾のようなものとは思えないんだよなぁ。


最後の最後で同盟国の車が吹っ飛んでテロ発生。アルタ人の子供が巻き込まれるって・・・
なんか、かなりハードな展開になってきましたよ?

あとバーディーが「有田しおん」であるという設定が完全に死んでしまっているのが気になります。


▽関連サイト▽
TV ANIMATION 鉄腕バーディー DECODE
TOKYO MX *アニメ「鉄腕バーディー DECODE」
「鉄腕バーディーDECODE」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
鉄腕バーディー ブログコミュニティ - アニメブログ村
鉄腕バーディー DECODE - アニメスタッフデータベース - livedoor Wiki(ウィキ)


鉄腕バーディー DECODE 2 【完全生産限定版】 [DVD]鉄腕バーディー DECODE 2 【完全生産限定版】 [DVD]
入野自由, 千葉紗子, 赤根和樹

アニプレックス 2008-10-22
売り上げランキング : 13804

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

鉄腕バーディー DECODE 3 【完全生産限定版】 [DVD] 鉄腕バーディー DECODE 4 【完全生産限定版】 [DVD] 鉄腕バーディー DECODE 5 【完全生産限定版】 [DVD] 鉄腕バーディー DECODE 6 【完全生産限定版】 [DVD] 鉄腕バーディー DECODE 7 【完全生産限定版】 [DVD]


にほんブログ村 アニメブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。