bn_natume_rin_300.jpg

2009年04月29日

朧村正【ストレスの無い操作感が素晴らしい横スクロールアクションRPG】

たまたま友人の用事で付いて行ったゲーム店で、流れていたPVを見て一目惚れ。丁度アマゾンのポイントもあったので購入したゲーム。

この作品の制作会社であるヴァニラウェアのゲームが一部で評判になっていたのは知っていたのですが、そりゃあ確かに話題になるだけのことはある出来。
アクションとしての操作感が素晴らし過ぎる。
画面切り替えの際に読み込みもほとんどなく、ストレスのないプレーができます。
物を作ったり食べたりするシーンで『A』ボタンを押しっぱなしにしていれば早送りできるという事実に気付いたのが終盤で無ければ、もっと快適なプレーができたと思うと残念でならない。


太股とか着物の襟からはみだす乳やらでっかいお尻やらお風呂シーンやら、女性キャラのエロさも充実しているのもすんばらしいのです!

以下、ネタバレ注意。


朧村正(特典無し)朧村正(特典無し)

マーベラスエンターテイメント 2009-04-09
売り上げランキング : 116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最初に『無双』と『修羅』という二つの難度が選べるのですが、『無双』は初心者向けのモードでボスをゴリ押しで回復することすらなく倒せるまさに無双モード。アクションが苦手という人でも楽しめるように配慮されている。

一方の『修羅』は気を抜くとそこら辺に出現する雑魚にも殺されることのあるシビアなモード。ボス戦では回復のタイミングを誤ると普通に死ねます。
ただし負けてもペナルティはなく戦闘に入る前に戻されるだけ(+戦闘時に稼いだ経験値はそのまま)なので優しい仕様と言えば優しい仕様。

なので「この程度じゃヌル過ぎる!」って人は一度クリアーした後に出現する『死狂』モードをぜひチャレンジしてもらいたい。
『死狂』はどんなにレベルが上がってもHPが1以上に上昇しないという、ダメージ=即死という鬼仕様。
少なくとも私はクリアーしようという気にはなれませんでした。


ストーリーとしては『百姫』と『鬼助』という二人の主人公の別々の話をそれぞれプレイしていく形になります。
最初はどちらも自分が置かれている状況が分からないままに戦っている中で、徐々に話の全貌が見えてくるという話運びはプレイヤーとの親和度が高い。

一度クリアーした後に新たに入手できる刀を装備してラスボス戦に挑むことで、別のエンディングを見ることが出来るのですが、『納得いかない部分もあれど、とりあえずめでたしめでたし』な第一のエンディング、『話の続きが見たくなる』第二のエンディングに比べてると、最強の武器である朧村正を装備すると見れる『真の意味での大団円』である第三のエンディングがあまりワクワク感が無かったのが残念。
過去に戻って修正するのではなく、仏をマジで叩き斬って無理矢理グッドエンドを勝ち取る展開が見たかっただけに拍子抜け。

そりゃあ、過去を修正すれば美濃藩が取り潰しにもならないし、虎姫が死ぬこともなかったし、百姫が陣九郎に身体を奪われることもなかったんだけど・・・もっと大暴れなオチを期待してたんだよなぁ。
やっぱり仏を斬り倒すのは表現的にまずいと思ったのだろうか。


あとフィールドの移動は後半になればなるほど面倒。走る速度はもっと早くても良かったと思う。


そんな小さい不満点はあるけれど、全体的にはやっぱり満足の出来です。

ストーリー的に泣いたりとかそういう大きな盛り上がりには欠けるけど、必要最低限な話の筋だけで話を理解させて、締めるところは締めているのは凄いと思う。
システム的にも回復アイテムを使いまくることが前提のボス戦とか、非常に爽快感と難しさのバランスが素晴らしい。


蛇足になってしまうかもしれないけど、諸国を大暴れしながら旅するオボロとか、妖刀狩りをする鬼助などの、第二のエンディングのその後の話を見てみたいと思ったりもする。


▽関連サイト▽
朧村正 公式サイト
ヴァニラウェア有限会社
ヴァニラウェア ブログコミュニティ - ゲームブログ村


オーディンスフィア PlayStation2 the Bestオーディンスフィア PlayStation2 the Best

アトラス 2008-06-19
売り上げランキング : 1102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「オーディンスフィア」オリジナル・サウンドトラック SRDXD オーディンスフィア グウェンドリン スぺシャルVer. 宮沢模型流通限定品 オーディンスフィア グウェンドリン (1/8スケールPVC塗装済み完成品) グリムグリモア(通常版) くまたんち


にほんブログ村(←ランキングです。よろしければご協力を)


posted by BoisterousBone at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。