bn_natume_rin_300.jpg

2009年04月10日

仮面ライダーディケイド 第8話「ブレイド食堂いらっしゃいませ」

「なんだ、この小洒落た味は! ソースとケチャップをブチまけろ、隠し味に醤油一滴だ!」

自分が苦手な米村正二脚本なので、一体どんな恐ろしいことになるのかと思いきや、案外と許容範囲でなんか逆に拍子抜け。
まぁ、まだ後編があるので油断はできないんだけど。

何しろ、前回が色々と酷かったからなぁ。
それに比べれば今回ぐらいは全然許容範囲な状態です。

それと、やっぱり士のキャラクターがこういうノリを受け入れることができるタイプだということも大きいと思う。

あらすじはこちらを参照のこと。

脚本:米村正二
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)

しかし士が戦いながら「焼き加減はレア? ミディアム? それともウェルダン?」とか言うのは、まんま仮面ライダーGのノリだよなぁ。
どうやら米村正二は随分とアレがお気に入りになったらしい。


今回の士はまんま仮面ライダーカブトの天道なんだけど、天道が駄目だった自分が今回の士を許容できたのは二人のキャラクターの描かれ方の違いによるところが強い。

■天道総司
全てを知ったような顔で登場して、含んだ言い方をしまくった挙句に実は何も知らなかったことが後半で判明。

■門矢士
最初の方の話で記憶を無くしていることが語られている。

同じ唯我独尊キャラでも『全知かと思ったら無知』と『無知だと分かっている』だと同じような行動でもやっぱり違って見えてくる。
あと士の場合は夏海などが弄ることができる余地があるのが強い。
天道は後半で化けの皮が剥がれても、不可侵の存在のまんまだったからなぁ。

あとディケイドはアクション分が多いので、脚本の粗に目を瞑りやすいっていうのもある。


しかし、今回はほとんど世界観の紹介だけで話が終わってしまったけど、こんなことで次回で決着は着くのだろうか?
正直、コントなんかやっている余裕はないんと思うんだけど・・・。
なんだか後半はすっごい駆け足になりそうな予感。

しかも、なんか士のことを知るキャラクターまで登場しているし、本当に収拾がつくのか?


アンデットがディケイドの攻撃で普通に爆発して倒されてるのは、なんかもういいや。ツッコミ入れるのがめんどい。
前回でも散々設定無視やりまくってたし。
きっと、この剣の世界ではアンデットは普通に倒せるし、たくさん沸いて出てくるんだよ。んで、カードに封印した場合はアイテムが手に入る。
ポケットモンスターみたいなもんだと解釈しておく。


しかし、次回予告で轟鬼が居たような気がするんだけど・・・
まさか、鳴滝の召還するゲストライダーではないだろうし・・・一体どうなってんだろう?

あとブレイドのファイナルフォームライド形態が予想外に材質がチャチくて残念なことになりそうです。


▽関連サイト▽
テレビ朝日|仮面ライダーディケイド
仮面ライダーディケイド | 東映[テレビ]
仮面ライダーディケイド/DECADE ブログコミュニティ - テレビブログ村
仮面ライダーディケイド - トラックバック・ピープル
「仮面ライダーディケイド」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター


仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]
井上正大, 村井良大, 森カンナ, 奥田達士, 田崎竜太;金田治

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2009-07-21
売り上げランキング : 209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仮面ライダーディケイド FFR03 ブレイドブレード Journey through the Decade Ride the Wind 超Climax Jump(仮) 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王 ディレクターズカット版 [DVD]


にほんブログ村 特撮(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。