bn_natume_rin_300.jpg

2009年04月10日

仕上げに殺陣あり 黒蝶舞 第1巻/原作:中山文十郎 マンガ:今ノ夜きよし

『あれを人だと思うな。あれは・・・魔性だ!』

なんていうか普通に三巻目って感じだよなぁ。コレ。

そんなわけで今は亡き『月刊電撃コミックガオ!』に連載されていた『仕上げに殺陣あり』が、ガオの休刊後『コミックガム』に移籍して『仕上げに殺陣あり 黒蝶舞』と名前を変えての第一巻。実質的には三巻目となる。
内容は一言でいうと『可愛い女の子も出てくる必殺仕事人(乳首有り)』。


しかし、表紙はガオで連載していた時の方が良かったなぁ。
このメタリック感は作品のイメージと合ってないと思う。


涼と冴の衣装の露出度が下がっている気がして電撃コミックを見直してみたけど、別にそんなことは無かったぜ!
衣装のデザインは基本変わってないはずなのに、どういうわけか横乳度が下がっている気がしてならない。不思議。


仕上げに殺陣あり 黒蝶舞 (1) (ガムコミックスプラス)仕上げに殺陣あり 黒蝶舞 (1) (ガムコミックスプラス)
中山 文十郎

ワニブックス 2009-01-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


八重姫エロ可愛い。
血を見てハァハァしている表情がエロ過ぎます。
目を開けたまま寝ている八重姫の眼球を家臣が舐めるシーンといい、中山文十郎の変態フェチズムが全開になっている感じ。

もう一つの話である『家路に凶刃あり』は、なんか恋のおっぱいばかりに目が行きます。おっぱい。


今回の話は今までと違って敵が強敵揃い。
蓬屋の面々が珍しく苦戦している印象。
『相性に難あり』の時も苦戦はしてるんだけど、何しろホラ、あの時は妙にギャグっぽかったから・・・。


涼の母親の仇などの情報も多少強引ながらも説明し終わり、そろそろ次の巻辺りでその辺の話に関する部分も出てきたりするんだろうか。
早くそこに入ってほしい気もするし、もう少し単発の話を続けてほしい気もする。

理想としては関係ある話の間に、単発の無関係の仕事もなんかも混ぜてくれると嬉しいんだけど、やっぱりそういうのはキャラクターの心理描写的に難しいだろうか?


▽関連サイト▽
■蒼い風 〜Blue Wind〜
::: Comic Gum :::
仕上げに殺陣あり ブログコミュニティ - 漫画ブログ村


まほろまてぃっく (1) (Gum comics)まほろまてぃっく (1) (Gum comics)
中山 文十郎

ワニブックス 1999-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まほろまてぃっく (2) (Gum comics) まほろまてぃっく (3) (Gum comics) まほろまてぃっく (4) (Gum comics) まほろまてぃっく (5)    Gum comics まほろまてぃっく (6) (Gum comics)


にほんブログ村 書評・レビュー(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。