bn_natume_rin_300.jpg

2009年02月18日

我が家のお稲荷さま。 第18話「お稲荷さま。思い出をもらう」

「なんだよ、それ! 極端だよ! それに透がなんて言うか・・・」

無いわ。
これは無いわ。

なんか感動もののように仕上ちゃいるけど、これは単なるバッドエンド。
しかも話が進んだ結果、避けようがなく訪れる悲劇ではなく、悲劇に持っていくために無理矢理運命を捻じ曲げた最悪の結末。
最初からそういうのを含んだ作品なら納得できるけど、あるいは短編一本で描かれるなら許容できるけど、少なくとも私はこの作品にこんな展開を期待しちゃいなかった。

脚本:山田由香
コンテ:川崎逸朗
演出:徳永善信
総作画監督:空流辺広子
作画監督:大西貴子、星野尾高広

元々、この作品というのはシビアな世界観を持つ作者が、無理矢理アットホームな物語を書いていた感じの作品だった。
特に神様周りの設定や、初期の恵比寿の行動とかに、そのシビアな部分が色濃く残っていた。
そこに高上家という現実離れした認識を持つ家族が関わることで、相手をペースを乱してほんわかした世界を作っている。

のだけど、今回のは作者が本来持っている自分の気質を隠しきれず、剥き出しにしちゃった感じ。

最初に『悲劇』を作ることが目的なので、その悲劇の作り方が強引。
作者としてはシロを死なせずに封印することで最悪の展開を避けたつもりなんだろうけど、状況的にはむしろ生きてはいるけど月読が管理している限り目を覚ますこともなく備品として永遠に閉じ込め続けられるわけで、人によっては単に死ぬよりもよほど残酷な結末にしか見えないだろう。っていうか、私にはそうとしか見えない。
これで後からシロが再び封印を解かれる展開になるのなら、今回はその前フリとして有りだろうけど、少なくともアニメの話数内ではそんな展開にならなそうな予感。

大体、クーが透が鬼に付け狙われるという事実で怯んでたけど、三槌家の血を色濃くひいている透は別に鬼に狙われなくても一生涯物の怪に付け狙われる人生であることは変わらないんだから、それでクーが引き下がるのが納得できない。
それに『シロを治せる可能性がある』ということを高上兄弟に黙っているので、実質的にはクーが彼等を騙したようにしか見えないので、感動的なお別れのシーンを演出されても白けて仕方がない。
高上兄弟にそれを話せば、どうにかして月読にシロを助けてもらおうするのが見えているので尚更クーの勝手な行動が歯痒い。
しかも、シロが封印される間、クーはシロの側に近付きもせずに、玉耀の手下を追い回してただけで、本当にクーにとってシロという存在はどうでもよかったんだなぁってのが伝わってくる。

そんなクーのせいで透とシロの『家族』という言葉が非常に寒々しいものになって聞こえてしまう。
恐らく、今後の話でクーがどんな可愛い行動をしようと私はその度に舌打ちしてしまうだろう。

クーの『楽しいことしか覚えていない』というのも『じゃあ、透がもし殺されても、あっさりとその恨みを忘れるんだろうなぁ』という風に悪い意味にしかとれない。

透も兄がクーのように封印されたら怒ると言っていたのに、シロの封印には同意して『楽しいことだけ覚えていてくれるといい』とか言われても・・・
そもそもクーの封印と違ってシロのは意識すらない状態なんですけど。

キャラクターの行動がいちいち鼻について仕方が無い。

天然でうっかりやっちゃったのならともかく、高上兄弟をクーが騙したり、本当はシロを助けることができたのにクーが見捨てたりとか、作者が分かった上で意図的にやってるっぽいのが酷い。


正直、この後の話を見る気がかなり減退したんだけど・・・どうしようかなぁ。


あとサカサエンって投げて使うもんじゃないと思うんだけど。
六瓢がサカサエンを持ってないっていうのが月読にバレる展開に持っていくために伏線にしか見えない。

つまり、月読ってまた登場するのか・・・
もう、いいよ。出なくて。


▽関連サイト▽
我が家のお稲荷さま。公式サイト
TOKYO MX *アニメ「我が家のお稲荷さま。」
ワクセイガール
「我が家のお稲荷さま。」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
我が家のお稲荷さま。 - トラックバック・ピープル
我が家のお稲荷さま。 ブログコミュニティ - アニメブログ村
我が家のお稲荷さま。 - アニメスタッフデータベース - livedoor Wiki(ウィキ)


風がなにかを言おうとしている風がなにかを言おうとしている
コウ(早見沙織) 松井五郎 園田凌士

コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-05-28
売り上げランキング : 13678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

セキレイ/Dear sweet heart TVアニメーション「あまつき」オープニングテーマ『Casting Dice』 乃木坂春香の秘密EDテーマ「ひとさしゆびクワイエット!」 crossing days SPECIAL DAYS


にほんブログ村 アニメブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。