bn_natume_rin_300.jpg

2009年02月15日

侍戦隊シンケンジャー 第1幕「伊達姿五侍」

「意地を張っている場合ではありませんぞ! ドウコクの強さはご存知のはず!」
「だからだ! だから、そんな奴との戦いに巻き込んでいいのか? 会ったこともない奴等を・・・」


今回の戦隊は前年とは違って真面目系っぽい感じだろうか。
一方で後々メンバー同士の衝突に繋がりそうなファクターもたくさんあるので、序盤はメンバー同士が衝突しながらも結束を固めるのを描いていく手法になりそうな感じ。

それにしても敵が一般人をマジ斬りしてたけど・・・
一応、斬られた後にその人達がどうなったのか描かれてないから画面的にスプラッタなことにはなってないけど、ナナシ達の刀が超ナマクラであることを祈る。

脚本:小林靖子
監督:中澤祥次郎
アクション監督:石垣広文(ジャパンアクションエンタープライズ)

「どうせ動いているのを見れば格好良く見せてくるさ」と思っていたけど駄目だ。まだ一話の段階じゃ動いているのを見ても、マンガなどに出てくる戦隊物のパロディキャラにしか見えない。
特にレッドの顔の『火』の字がギャグとしか。

折神も関節とかが構造上あんまり動かないのを再現した上で戦っているもんだから、愛嬌はあるんだけど反面、どうにも間抜けに見えて仕方がない。


ただレッドの巨大な剣を持っての戦隊無双とか、グリーンの槍を使ったアクションなどは非常に面白かった。
あとブルーの人の声の演技が非常に良い。


敵幹部もおどろおどろしい感じ。戦闘員も凶悪な面構えしてるし。
それぞれの仲も悪そうに見えて、うまいこと噛み合っている感じ。
血祭ドウコクが非常に分かりやすいボス臭を出し過ぎていて、逆に2クール目の終盤辺りで倒されそうな気配がするなぁ。

最初の隙間からナナシ達が出てくるシーンは、子供が見たら凄く怖いんじゃないだろうか。


黒子を使った傍や幕などの演出が非常に素晴らしい感じなので、できるだけ頑張って続けてほしい。


▽関連サイト▽
テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー
侍戦隊シンケンジャー | 東映[テレビ]
侍戦隊シンケンジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村
侍戦隊シンケンジャー - トラックバック・ピープル
「侍戦隊シンケンジャー」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター


侍戦隊シンケンジャー シンケンマル&秘伝ディスクバックルセット侍戦隊シンケンジャー シンケンマル&秘伝ディスクバックルセット

バンダイ 2009-02-14
売り上げランキング : 337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

侍戦隊シンケンジャー 変身携帯 ショドウフォン 仮面ライダーディケイド 変身ベルト DXディケイドライバー 侍戦隊シンケンジャー ショドウフォンホルダー 侍戦隊シンケンジャー 侍合体 DXシンケンオー 侍戦隊シンケンジャー 走れ!獅子折神


にほんブログ村 特撮(←クリックでランキング)


posted by BoisterousBone at 20:52| Comment(0) | TrackBack(3) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

侍戦隊シンケンジャー 第一幕「伊達姿五侍」
Excerpt: 侍戦隊シンケンジャーの第1話を見ました。第一幕 伊達姿五侍『隙間、それはこの世とあの世の間。化け物達の入り口であり、出口。だから決して覗いてはいけない。隙間の向こうに三途の川から外道衆がやって来る』隙..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2009-02-15 21:35

侍戦隊シンケンジャー第1話伊達姿五侍
Excerpt: 「文字の力"モヂカラ"で天下御免の侍ヒーロー」「侍戦隊シンケンジャー第1話伊達姿五侍」「オープニングはサイキックラバーが担当するわ」「志葉家云々の前に黒子が頑張りすぎだろ」「…毎回毎回出撃時には準備を..
Weblog: 翔太FACTORY+Face.Chat.Union
Tracked: 2009-02-16 10:54

侍戦隊シンケンジャー 第一幕「伊達姿五侍」
Excerpt: 隙間の世界・三途の川からやってきた外道衆。そのアヤカシに子供達が襲われているところへ、ひとりの侍戦士が現れ・・・!!いよいよ始まりましたね、新番組・シンケンジャー。そもそも特撮好きじゃなく娘に付き合っ..
Weblog: あくびサンの、今日も本を読もう♪
Tracked: 2009-02-16 12:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。