bn_natume_rin_300.jpg

2009年02月10日

我が家のお稲荷さま。 第11話「お稲荷さま。奉公に出る」

「心の平安がほしい今日この頃です」

最近の恵比寿は本当に不幸っていうか、自分から悪い方へ悪い方へと足を突っ込んでる気がしてならない。
初登場時の飄々とした感じで全てを自分の思い通りに操る、魅力的な悪人っぷりは最早見る影もない。

それにしても、妖怪が話の筋に大きく関わってこない時は、なんていうか『予定調和』な感じの話になるなぁ。
常識知らずがクーとコウのみになるからだろうか。

脚本:國澤真理子
コンテ:佐々木真哉
演出:又野弘道
総作画監督:空流辺広子
作画監督:小山知洋

コウが困った時に美咲に相談したりと、二人の関係は少しずつ深まっているっぽい。


しかし、コウがバイトをするって時点でどうなるかってのは大概想像ができるっていうか・・・。

大失敗フラグ過ぎる。

コウが不器用なのは分かっていたけど、まさかそこに方向音痴という要素まで追加されるとは。
今までよくスーパーに買い物に行ったりできてたなぁ。
それとも一度行ったところならまた行くこともできるんだろうか。


ハンバーガーショップでハンバーガーやアイスまで全部揚げてしまったコウがクビになってしまうのは当然として、なんでクーまで仕事を止めているのか。
クーは完璧に仕事してるって感覚がないよなぁ。確実に遊び感覚。

コウはともかく、クーがバイトするのを昇は止めた方がいいと思うんだが。


それにしても、恵比寿は一体何を思ってこのトラブルが標準搭載されている二人を雇おうなんて思ったのか。
その選択は最悪としか言いようがない。
この前は停電でアイスが全滅して、今回は宅配ピザという新事業が頓挫。
最近の恵比寿は不幸過ぎる。

それでもあんまり可哀想に思えないのは、やっぱり最初の方の悪役っぷりがあるからなんだろうなぁ。


▽関連サイト▽
我が家のお稲荷さま。公式サイト
TOKYO MX *アニメ「我が家のお稲荷さま。」
ワクセイガール
「我が家のお稲荷さま。」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
我が家のお稲荷さま。 - トラックバック・ピープル
我が家のお稲荷さま。 ブログコミュニティ - アニメブログ村
我が家のお稲荷さま。 - アニメスタッフデータベース - livedoor Wiki(ウィキ)


我が家のお稲荷さま。〈7〉 (電撃文庫)我が家のお稲荷さま。〈7〉 (電撃文庫)
柴村 仁

メディアワークス 2007-10
売り上げランキング : 15308

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

我が家のお稲荷さま。〈6〉 (電撃文庫) 我が家のお稲荷さま。〈5〉 (電撃文庫) 我が家のお稲荷さま。〈4〉 (電撃文庫) 我が家のお稲荷さま。〈3〉 (電撃文庫) 我が家のお稲荷さま。 キャラクターソングアルバム


にほんブログ村 アニメブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。