bn_natume_rin_300.jpg

2009年02月06日

我が家のお稲荷さま。 第9話「お稲荷さま。大立ち回る」

「いえ、これしきの渇き、耐えられます」

直接的ではないけど、色っぽいシーンが多くてバッチグー。
しかし、原作の内容がここら辺になると、一回読んでるのにすっごいあやふやになってるなぁ。

今回は珍しく恵比寿が完全に被害者側で、いい気味のような可哀想なような・・・

脚本:大知慶一郎
コンテ・演出:ウシロシンジ
演出助手:駒谷健一郎
総作画監督:柴又十哉
作画監督:大西貴子、氏家嘉宏

冒頭のブーツを脱ぐシーンがやたらと大仰でびっくりしたというか、真面目過ぎて逆に笑ってしまった。
しかし、この作品に出てくる神様ってのはどいつもこいつも自分の真意を口にしようとしない。
人間関係の基本はコミュニケーションだぜ?

フクロウ仮面の行動がどうして六瓢を呼び出すことに繋がるのかはいまいち分からない。
それにしても恵比寿は今回は完全に計算外のことに巻き込まれてる感じでお気の毒。
まぁ、土地の調子が悪いのは自分がクーに御霊送りをやるように仕向けた結果なので自業自得なんだけど・・・
停電になってどんどん温度の上がるコンビニ内の、ジュースやアイスの運命や如何に!?


クーが交番で六瓢のことを訊く時に必要以上に胸を寄せてるのが「こいつ、自分のアピールポイント分かってんなぁ」って感じです。
まぁ、そういう意図がなければわざわざ美男美女に化けたりはしないか。


だが何といっても今回のMVPはコウなのです。
美咲の妄想の中の微笑むコウがラブリーだったり!
ビールを飲んで酔っ払った瞬間、なぜか服がはだけたり!!


六瓢のあからさま過ぎる嘘に、嘘と分かっていながら付いて行った透は一体どうなるんだろうか。
う〜ん、すっかり話の展開忘れてて、このあとどうなったのか全然覚えてない。

そんなわけでまた新たな気持ちで楽しめているのは良いことなのかも。


▽関連サイト▽
我が家のお稲荷さま。公式サイト
TOKYO MX *アニメ「我が家のお稲荷さま。」
ワクセイガール
「我が家のお稲荷さま。」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
我が家のお稲荷さま。 - トラックバック・ピープル
我が家のお稲荷さま。 ブログコミュニティ - アニメブログ村
我が家のお稲荷さま。 - アニメスタッフデータベース - livedoor Wiki(ウィキ)


風がなにかを言おうとしている風がなにかを言おうとしている
コウ(早見沙織) 松井五郎 園田凌士

コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-05-28
売り上げランキング : 68000

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

セキレイ/Dear sweet heart TVアニメーション「あまつき」オープニングテーマ『Casting Dice』 乃木坂春香の秘密EDテーマ「ひとさしゆびクワイエット!」 SPECIAL DAYS crossing days


にほんブログ村 アニメブログ(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。