bn_natume_rin_300.jpg

2009年01月27日

ガンパレード・マーチ 九州奪還5/榊涼介

ついに九州奪還戦が決着!

なんだけど、いまいち盛り上がりには欠ける感じです。
広げに広げた風呂敷・・・元のゲームを作った人達が畳もうともしていないストーリーを何とか纏める、そのことに全精力が注がれていてストーリー的な盛り上がりが二の次になっている気がします。

ガンパレード・マーチ 九州奪還〈5〉 (電撃文庫)ガンパレード・マーチ 九州奪還〈5〉 (電撃文庫)
榊 涼介

アスキーメディアワークス 2009-01-10
売り上げランキング : 588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人類と幻獣の戦争が終結!
とりあえず日本列島に置ける戦争は終わりを告げたといえるだろう。

なんだけど、最後がどうにも『人気次第では続けるよ』って感じを残しているので、読み終わった後もなんだか『ああ、終わってしまったんだ』という感じがしない。
恐らく、何年も続巻が出ない状況になってから、私はようやく「ああ、ガンパレの小説はあそこで終わってたんだ」という実感が湧くのでしょう。

あと、戦争が終わった後の小説のオリジナルキャラ達のことが全く書かれてないのが残念。
特に合田小隊があの後どうなったのか、全く書かれていないのがなぁ。奴等のことだから何だかんだで生き残りそうな気はするけども。


幻獣の王『南王』を散々煽っておいて、騙し討ちの自爆作戦で倒してしまったのも拍子抜け。
舞と厚志の狙いを気付いている読者視点でも、状況に置いてけぼりをくらった壬生屋達と同じような気分になりました。

何しろ、南王が姿を現してから倒されるまで、そのページ数は僅か4頁。
幾ら精霊手をぶっ放しても、これでは盛り上がる方が難しい。


そういう戦いの決着と、その後を書かれていないキャラクターが多いのが不満ですが、その他の部分については相変わらず最高でした。
あ、仕方がないとはいえ結局、遠坂と田辺が戦いに参加できなかったのは残念。
これが最終巻じゃなくて、あっさりと続巻が出たりしたら前に書いた不満点もそう大したもんじゃないんだけど、あとがきで作者自身が『最終巻』って言っちゃってるからなぁ・・・


とりあえず、小説版のファンブックが春に出るみたいだから、それは絶対に買いです。
あと電撃「マ)王で連載中の『萩幽霊戦線』も単行本化してほしい。


▽関連サイト▽
Gunparade March : Home Page
高機動幻想ガンパレード・マーチ ブログコミュニティ - ゲームブログ村
榊涼介 ブログコミュニティ - 小説ブログ村
アルファシステムピープル - トラックバック・ピープル


高機動幻想ガンパレード・マーチ高機動幻想ガンパレード・マーチ

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2000-09-28
売り上げランキング : 1327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ガンパレード・マーチ もうひとつの撤退戦 (電撃文庫) ガンパレード・オーケストラ白の章 青森ペンギン伝説 (通常版) ガンパレード・オーケストラ 緑の章 ~狼と彼の少年~(通常版) ガンパレード・マーチ 5121小隊 熊本城決戦 (電撃文庫) ガンパレードマーチ ー新たなる行軍歌ー ガンパレードマーチ1/6ドール服


にほんブログ村 書評・レビュー(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。