bn_natume_rin_300.jpg

2009年01月09日

とらドラ2!/竹宮ゆゆこ【予想を超える腹黒さ!】

あーみん襲来ッ!!
アニメが途中で止まっていて、マンガも単行本の一巻しか読んでない私には未体験のゾーンであります!

それにしても竹宮ゆゆこさんの描く女性キャラクターにはびっくりさせられること山の如し。
なかなか『読者に嫌われてしまうかも知れない』とメインキャラクターにここまでの毒を持たせるのは勇気のいることだと思います。

4840234388とらドラ〈2!〉 (電撃文庫)
ヤス

アスキー・メディアワークス 2006-05-25
売り上げランキング : 253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それにしても、あんなに性悪で根性が悪い人間を、最終的にはなんか知らんが「これもこれで有りなんじゃないか?」っていうアリアリ詐欺に引っ掛けるのが上手すぎです。竹宮ゆゆこ。恐ろしい。

亜美の性格に問題があって、恐らくはそれが裏表が激しいものなのだということは口絵の時点では十分予想できていたんだけど・・・

いやぁ、予想以上。
予想以上に性格が悪かった!
びっくりするほど性格が悪い!

しかも、それで『なんやかんやあって、亜美の性格が少しは良くなりました。めでたしめでたし』になるんじゃなくて『まぁ、性格は悪いけどそれは仕方が無いことっていうか、それが川嶋亜美』という方向にストーリーを持っていくのが凄い決断だと思う。

普通、こういうキャラクターは一度山を越えると後はただただ『単に良い人』になっていくのが関の山なのですが、亜美は初登場時のイメージを変えないままにその後も話に出てくる。
まぁ、少し作者が彼女を持て余している感じもあるにはあるけど。


それにしてもストーリー的に仕方が無いとはいえ、男性キャラクターが禁欲的なのは気になる。
竜児の大河の距離は普通に近すぎるよなぁ。

どんどん距離感が近くなる割には、一巻のように竜児が大河に対してムラムラ来るような描写がまったくないし・・・

女性陣は非常にリアルなんだけど、逆に出てくる男性陣が描いているのが女性だからちょっとファンタジーの世界の住人臭い感じ。
男はもっと脳みその容量の少ない馬鹿獣なんだぜ!


スピンオフの話は、雑誌に掲載されたものなのか、生徒会の一年生の目を通してレギュラーキャラ達を紹介していく感じのお話でした。
竜児の主観で読んでいるせいで、すぐ忘れてしまう彼の顔の怖さが強烈な印象でした。
実乃梨も竜児の目から見えにくい部分が見えて面白かった。


▽関連サイト▽
とらドラ! ブログコミュニティ - 小説ブログ村
「竹宮ゆゆこ」の感想 | 読書感想トラックバックセンター


4048674595とらドラ・スピンオフ〈2!〉虎、肥ゆる秋 (電撃文庫)
竹宮 ゆゆこ

アスキーメディアワークス 2009-01-07
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とらドラ! ドラマCD Vol.1 とらドラ! サウンドトラック とらドラ!オープニングテーマ プレパレード とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD] とらドラ・ポータブル! 超弩級プレミアムBOX


にほんブログ村 書評・レビュー(←ランキングです。よろしければクリックを)


posted by BoisterousBone at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。