bn_natume_rin_300.jpg

2008年12月28日

バトルスター・ギャラクティカ-BATTLESTAR GALACTICA- 第18話「ファーム」

今回はのっけからの急展開。
正直、第一シーズンのようにもっとダラダラした流れになると思っていたので、今回の話はちょっとびっくりでした。

オリジナルサブタイトルは『The Farm』。

脚本:カーラ・ロビンソン(Carla Robinson)
監督:ロッド・ハーディ(Rod Hardy)

冒頭からスターバックが撃たれるという衝撃の展開。


まさか、あっさりとカプリカから飛び立つとは思わなかったなぁ。
てっきり第一シーズンのように最後の辺までカプリカの上でウロウロしてると思ってたのに。

スターバックがブーマーがサイロンであると推測できるような会話をしているのに、事情を知らないはずのレジスタンス側の人間がそれに対して疑問の声を上げないのが違和感だった。

ヒロは今回の件で完璧にブーマーを信じることにしたのかな?
『愛』とか言ってたし。

どうもブーマーの言葉から推測するに、サイロンの目的は人間に代わって『神の被造物』になることらしい。
そのためのファームであり、そのためのブーマーの妊娠であると。
やはり、サイロンの中でもそのための方法論については複数の意見があり対立もあるっぽい。
でもファーム派であるはずのナンバー6(むしろサイモンとの会話では彼女の方が計画したっぽい)が、バルターとの間に子供を作ろうとしているのは謎。
まぁ、あっちの場合は彼女が本当に存在するのかって時点から不確定ではあるのだけれど。

人型サイロンというものが存在するのも、人間を陥れるための諜報型というよりも『神の被造物』としての姿に近付くためといった理由の方が強いのかも知れない。


しかし、アマダは三分の一の船がロズリンの方針に従ったことに驚いていたけれど、彼が眠っていた間の軍の暴走のことはちゃんと把握しているのだろうか。市民に向かって軍が発泡した事件とか。

ロズリンの宗教的行動方針に追従したのではなく、軍の対しての不信感から彼女に従っている船もあるんじゃないだろうか。


次回はロズリンの船団にスターバック達が合流するみたいだけど、ブーマーの存在がめんどくさい事態になりそう。
ギャラクティカ側ではないので、実験体モルモットにされることはないだろうけど、逆にロズリンはあっさりとブーマーを殺そうとしそうだしなぁ・・・

スターバックの腹の新しい傷が一体何なのか気になります。
・・・発信機とか?


▽関連サイト▽
Super! drama TV | BATTLESTAR GALACTICA
バトルスター・ギャラクティカ - トラックバック・ピープル
ギャラクティカ ブログコミュニティ - テレビブログ村


B000FCUYKOBattlestar Galactica: Season 2
John Avila Richard Gibbs Bear McCreary

La-La Land 2006-06-20
売り上げランキング : 99664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Battlestar Galactica: Season One [Original Soundtrack] Battlestar Galactica (Original Soundtrack from the Sci-Fi Channel Miniseries) Battlestar Galactica Season 3 [Original Television Soundtrack] GALACTICA/ギャラクティカ 【承:season 2】DVD-BOX 1 GALACTICA/ギャラクティカ 【承:season 2】DVD-BOX 2


にほんブログ村 テレビブログ(←記事が面白かったらクリックとかしてくれると嬉しいです)


posted by BoisterousBone at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。