bn_natume_rin_300.jpg

2008年12月12日

キャシャーン Sins 第9話「滅びの谷に咲く花」

今回のチョーさんは、オージとボルトンの二役で大忙し。

ニコかわゆすなぁ。
という正直な感想がなぜか目の前のことから目を背けているように聞こえる第9話。

ニコのデザインもキャラクターデザインの馬越嘉彦さんなのかな?
キャシャーンSinsに出てくるキャラクター造形は、自分のツボにぐっと来るものが多いです。

しかし、週一のペースで見ているからいいけど、もしこれをDVDでまとめてみたら重い話ばかりなので食傷を起こすかもなぁ・・・

脚本:上代務
絵コンテ・演出:木村延景
作画監督:青木哲郎
レイアウト作画監督補佐:西位輝実、馬場充子、中村章子
総作画監督:馬越嘉彦

ついにキャシャーンが明確な目的意識を持った・・・のか?
状況的にボルトンを慰めるためのその場限りの嘘って見解もできるけど。

だけどルナ云々は慰めとしても、『自分が起こした滅びなら、自分が止めなければいけない』という決意までは嘘ではないと思う。

「自分が誰かも分からない」 → 「誰でもいいから自分を殺してくれ」 → 「自分が死ぬことで誰かが救われるなら殺されてもいい」 → 「ただ殺されるのは違う気がする」 → 「自分にも何かできることがある気がする」 → 今回:「滅びを自分が止めなければ」

いやぁ、ついにここまで来たか・・・感慨深い。


しかし、リューズはもう完全にキャシャーンを殺すつもりがないように見えるなぁ。
キャシャーンを前にして構えすらしないし。


ニコの死以上に、最後のボルトンの呻きがやるせなさを加速させます。


▽関連サイト▽
CASSHERN Sins
無料動画GyaO 伝説の孤高のヒーロー再臨!「キャシャーンSins」<GyaO [ギャオ] アニメ>
キャシャーン Sins ブログコミュニティ - アニメブログ村
「キャシャーンSins」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
キャシャーン Sins - アニメスタッフデータベース - livedoor Wiki(ウィキ)

▽当ブログの関連記事▽
『キャシャーン sins』第1話に対する海外反応


B001LRAK38キャシャーンSins スペシャルコンプリート
TVサントラ

T.Y.Entertainment 2009-01-28
売り上げランキング : 99161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

青い花 reason ぐっと・ミュージック UNDER COVER ~タツノコソングス~ タツノコ VS. CAPCOM クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ


にほんブログ村 アニメブログ(←ランキングです。よろしければご協力を)


posted by BoisterousBone at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。