bn_natume_rin_300.jpg

2008年11月26日

ゴルゴ13 Target.28「白夜は愛のうめき」

流石はデューク東郷。全然キャラがブレないなぁ。

・・・いや、少しは普段とは違う面を見せていたか。
でもだからこそ「もしかしたら・・・」なんて思ってしまったのだから、製作者の手の平の上で踊らされているなぁ。

脚本:本川耕平
演出:倉川英揚
絵コンテ:杉山正樹
作画監督:松田芳明、倉川英揚

「死んでこの世から別れ安らぎを得たい。これは『楽しいことがあるなら生きていたい』という欲望の裏返しだ。別に無感覚になっているわけじゃない」

それは確かにそうなんだけど、その『楽しいこと』を見付けるのは難しいよねって話。
セシリアはゴルゴにその『楽しさ』を見出したけど、それが裏切られたことで結局は生きることを投げ出してしまった。

飛行機事故の一件で、自分がまだ生きたいと思っていることを自覚した直後だからこそ、その行為が悲しく思える。


今回はゴルゴも抱きついたセシリアを抱き返したり、SEXしている時に手を握ったりと普段はしないような描写が一杯ありました。
そのせいで『もしかして、今回はゴルゴはセシリアを殺さないんじゃないか』って思ったんだけど・・・

いやぁ、流石はゴルゴ。躊躇無く撃ってしまいました。
脳天をぶち抜かなかったのは、せめてもの気遣いなのかな。


この展開でキャラクターを維持できるっていうか、欠片もブラさないのは素直に凄いなぁ。
こういう風な盛り上げ方をすると、ついつい余計な演出やセリフを入れてしまいそうになる気がするのに。


▽関連サイト▽
テレビ東京・あにてれ ゴルゴ13
ゴルゴ13 ブログコミュニティ - 漫画ブログ
「ゴルゴ13」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
ゴルゴ13 - アニメスタッフデータベース - livedoor Wiki(ウィキ)

▽当ブログの関連記事▽
ゴルゴ13のOPに対する海外反応


B001GTYG9Kゴルゴ13 2009年カレンダー

トライエックス
売り上げランキング : 37228

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゴルゴ13 ゴルゴ13アイマスク キュージョン根付 第3弾 ゴルゴ13 キュージョンスクイーズ 第2弾 ゴルゴ13 パチスロ帝王〜ゴルゴ13・ラスベガス〜 ゴルゴ13 150 (150) (SPコミックス)


にほんブログ村 アニメブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力を)


posted by BoisterousBone at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。