bn_natume_rin_300.jpg

2008年10月25日

仮面ライダーキバ 第20話「夜想曲・愛の救世主」

やっぱり舞原さんが監督した回は面白いなぁ。
恐らく、脚本に書かれていない部分の演技までしっかりと頭に思い描いて撮っているからだと思うんだけど、最後の方は盛り上がることができました。
・・・これで脚本がもう少しマシならばなぁ。

実を言うとすでに仮面ライダーキバを見る気はほとんど無いに等しい状態なのですが、クウガからここまで欠かさずに観てきたという流れがあるせいで、どうにも視聴を切る気になれないでいます。

今回は要素要素は面白くはあるんだけど、やっぱり細部が適当過ぎるせいで盛り上がりきることが難しかった。

今回の詳しいあらすじはこちら

脚本:井上敏樹
監督:舞原賢三
アクション監督:竹田道弘(ジャパンアクションエンタープライズ)

音也の魂が突然渡に取り憑いた意味は最後まで分かりませんでした。

作劇上の意図は理解できる。要するに現代編に落ち込んだ恵を立ち直らせるキャラがいなかったんだよな。
渡は絶対に無理だし、名護は励ますのではなく追い詰めそうだし・・・いや、そこは逆に名護に馬鹿にされて奮起するっていう展開もあったか。

恐らく『イクサとして戦えなくて落ち込むユリ&恵』という要素がまず最初にあって、それを骨組みにして組み立てた話だからこんなことになってるんだと思う。
ユリの場合はいつもの如く音也がイクサナックルを盗めばいいけど、恵の場合は何らかの事情で名護がイクサに変身できない状況にしなければいけない。

・・・って、やっぱりそれでも名護が怪我をして戦えなくなって、代わりに恵がイクサに変身して戦おうとするけど恐怖心に負けるって展開でいけるよなぁ。
恵を奮起させる役目はそれこそ名護でオーケーなわけだし・・・まぁ、その場合渡が完全に空気になってしまうのが問題か。

要するに今回の音也憑依は渡を画面に出すための苦肉の策ってことかな。


▽関連サイト▽
テレビ朝日|仮面ライダーキバ
仮面ライダーキバ - 番組紹介
仮面ライダーキバ ブログコミュニティ - テレビブログ
仮面ライダーキバ - トラックバック・ピープル
「仮面ライダーキバ」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター
仮面ライダー トラックバックセンター: 仮面ライダーキバ

▽当ブログの関連記事▽
「仮面ライダーキバ」OPの海外反応


4894257580ファンタスティックコレクション 仮面ライダーキバ Fang01 (ファンタスティックコレクション)
宇宙船編集部

ホビージャパン 2008-08-09
売り上げランキング : 145344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ピック 仮面ライダーキバ お弁当カップ 仮面ライダーキバ 30枚入り 仮面ライダーキバ オリジナルサウンドトラック 仮面ライダーキバ ラジオCD「キバラジ」(1) 仮面ライダーキバ ラジオCD「キバラジ」(2)


にほんブログ村 特撮(←よろしければクリックでランキングにご協力を)


posted by BoisterousBone at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。