bn_natume_rin_300.jpg

2008年09月19日

BS マンガ夜話「よつばと!」

後半の「よつばはペット」とか「意図的によつばを介さずにキャラクター同士が絡まないようにしている」とかいう件は興味深く聞かせてもらったんだけど。

どうにも冒頭の「あずまきよひこがあずまんが大王を捨てた」ってのは納得できんなぁ。
一巻しか読んでないんじゃないのかって思う。

最終巻である四巻を読めば『よつばと!』が、そのまんま『あずまんが大王』の系譜だってことは分かると思うんだけど。
もちろん、ストーリーマンガになった時に新たに加わったり外れたりってファクターはあると思うけど、基本ラインは同じだと思う。

彼等が「珍しい珍しい」と言って取り上げてた部分なんて、それこそ萌え系四コマじゃよく見られる手法だし。

『女子校生がいっぱい出てくる萌え系マンガ』ってところで拒否反応示しているようにしか思えないです。
単に見下している萌えマンガの作り手が、自分達が好みとしているフィールドに入ってきたから褒めてるだけ。

後、「こんな作品ぐらい自分達の時代にもあったもんね! テメェら読者が頭悪くて理解できんかったら流行らなかったけど!」って何度も口にするのもちょっと・・・情けない。


個人の感覚を否定はしないけど、それを絶対的な価値観のように言ってるのは腹が立つなぁ。
もちろん個人の感覚を否定しないのと、個人の感覚で好きな作品を貶されてムカつくのは別です。


▽関連サイト▽
あずまきよひこ (よつばと!) ブログコミュニティ - 漫画ブログ村


4048672975よつばとひめくり2009

アスキー・メディアワークス 2009-03-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 アニメブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力を)


posted by BoisterousBone at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。