bn_natume_rin_300.jpg

2008年09月14日

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第19話(第41話)「脱獄」

本当にディーンはどこにでも普通に溶け込むなぁ。
前回に続いて今回も、怖いくらいに潜入場所に馴染んでました。

・・・流石にご飯はおいしくなかったようで、珍しく残してましたけど。

意外とディーンはこの仕事を止めてもどこでも暮らしていけそうな感じがするなぁ。
逆にサムは今となってはこれ以外の生き方をするのは難しそうに思える。

脚本:ジョン・シバン(John Shiban)
監督:マイク・ロール(Mike roll)

まぁ、二人とも指名手配されてるんで、この仕事を止めても日の下は歩けない身の上だけど。
ディーンはそのまま逃げ回ってフラフラしそうだけど、もしそうなったらサムはその内、逃げるのに疲れて自首とかしそう。

それにしてもディーンに対してきつく当たっていた看守が依頼者だったのにはびっくりした。
なかなか依頼者が姿を見せないからおかしいなぁとは思ってたんだけど。

てっきり、最初に出てきた囚人さんが依頼者である親父の戦友なのかと思っていたら・・・思いっきりミスリードに引っ掛かってしまいました。

そんな風に今回は幽霊の正体が当初の予想と違ったりと、色々とミスリードを誘う展開が多い話でした。


FBI捜査官は霊を信じてないのだから仕方ないのかも知れないけど、事情を知っている視聴者の立場からすると「無能だなぁ」って思う。
同じ女性が二人いたりとか、墓の中に埋まっているディーンの死体とか、シェイプシフターに関する物的証拠が存在するのに、それを見ないようにしているのがダメダメ過ぎる・・・

そりゃあ、弁護士も自分でも気付くような不審な部分を調べようともしない捜査官なんて信用しようとは思わないよなぁ。


次回のサブタイトルは「もう一つの世界」。
なんだか非常に気になるタイトルです。
本編と関わりのない番外編的な話になるのかも?
本編と関わりがあるのならば、予告の最初に出てきた謎の男によって「もう一つの世界」の幻覚を見せられるって展開だろうか。


▽関連サイト▽
Supernatural スーパーナチュラル 公式サイト
SUPERNATURAL ブログコミュニティ テレビブログ
「スーパーナチュラル」レビュー:ドラマレビュー トラックバックセンター


1401222056Supernatural: Rising Son
Diego Olmos

Wildstorm 2009-04-07
売り上げランキング : 5424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SUPERNATURAL III <サード・シーズン> コレクターズ・ボックス1 SUPERNATURAL III <サード・シーズン> コレクターズ・ボックス2 Supernatural: Bone Key (Supernatural) Supernatural: John Winchester's Journal Supernatural Origins


にほんブログ村 テレビブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力下さい)


posted by BoisterousBone at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。