bn_natume_rin_300.jpg

2008年07月25日

乙姫各駅散歩 第1巻/矢直ちなみ

浦島太郎の子孫である浦島江太のところに、竜宮城から乙姫様がやってきて始まる物語。
だけど何か乙姫はイメージとなんだか昔話のイメージとは違っていて・・・ってお話。

正直、古臭い絵柄だし、ギャグセンスも一世代遅れているような作品なんだろうなぁとか思いつつ読んだのだけれど・・・

いいなぁ。
乙姫めらっちゃ可愛いなぁ。
というか、全体的にキャラクターがワンダフル。
てっきりベテランさんかと思う安定感なんですが、どうもつい最近デビューした新人さんで、しかもこの作品が初単行本化作品らしい。

いやいやいやいやいやいやいや・・・マジ、ですか?

4832266365乙姫各駅散歩 1 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス)
矢直 ちなみ

芳文社 2008-05-07
売り上げランキング : 89424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


単行本の内容をここで少し読むことができます。

乙姫の性格が新しい。
少なくとも私はこういう性格のヒロインにあまり覚えがない。

系譜的には『ああっ女神さまっ』のベルダンディーの流れにあるとは思うんだけど、そこから高貴さと落ち着きを無くした感じって言ったら分かりやすい・・・かな?

泣いたり笑ったり慌てたりと非常に表情豊かで、とても親しみの持てる女の子。その一方で乙姫らしい可憐さも持っている。


周囲の人々も感情豊かで観ていて、非常にほんわりとした気持ちになる作品です。


・・・ううむ、魅力を語るに言葉が足りない。
『ここが凄いっ!』って言えるセールスポイントは無いんだけど、全体的なレベルが非常に高いのです。


とりあえず、読んだ後に巻き起こった自分の気持ちを端的にまとめると・・・

乙姫かわいい! かわいいよ乙姫!
ひさびさに自分の青春時代に近くにこんな女の子がいなかったことが悲しくて仕方なくなるってばよ。
ジブリの『耳をすませば』を観た後と同じぐらいのダメージだぜ!!

全体的に漂う『いつか来る別れの予感』がまた『永遠ではない青春』を感じさせて、また良い感じに切ない。


▽関連サイト▽
雨告鳥〜矢直ちなみindex
矢直ちなみ ブログコミュニティ 漫画ブログ村


天使な小悪魔 3 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス) はっぴぃママレード。1 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス) そこぬけRPG 2 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス) まど・レーヌ (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス) L16 1 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス)


にほんブログ村 書評・レビュー(←よろしければクリックでランキングにご協力を)


posted by BoisterousBone at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。