bn_natume_rin_300.jpg

2008年07月03日

ゴルゴ13 Target.12「TOUCH DOWN」

正直に言うと、色々と語らな過ぎて付いていくことができませんでした。
あと状況がゴルゴの有利な方へと動き過ぎかな。

脚本:扇澤延男
絵コンテ・演出:川越淳
作画監督:渡辺裕二
製作進行:金子尚雄

結局、刑事が感じた「ゴルゴ程のプロが現場に薬莢を残していくか?」という疑問は一体何だったんだろう。
ストーリーの中で全然活かされていないように見える。
そもそも、あんな証拠が今更見付かるなんて警察の捜査が杜撰過ぎる。

ゴルゴが唐突に現れて狙撃したのは、見舞いにきた人と服を交換して入れ替わってたと考えるのが普通かな。
特に本編中で説明はないけど。

あとゴルゴに依頼した人間が死んだとはいえ、一応は依頼者だと判明しているのに、そこから全くゴルゴへと糸が繋がらないのは不思議です。


どうにもゴルゴが凄いっていうよりは、単に『警察が間抜け』って印象の方が強い話でした。


▽関連サイト▽
テレビ東京・あにてれ ゴルゴ13
ゴルゴ13 ブログコミュニティ - 漫画ブログ
「ゴルゴ13」レビュー :アニメレビュー トラックバックセンター


B001AJ06LSTake The Wave
荒神直規 村上風麻 森下志音

GIZA(J)(M) 2008-07-23
売り上げランキング : 2446

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ガラスのハイウェイ ココロフィルム(アニメジャケット仕様) ALL OVER NOW EP(DVD付) TVアニメ「クリスタル ブレイズ」主題歌 Never looking back ~透き通る心で / que sera-sera ゴルゴ13~ジャズ・セレクション


にほんブログ村 アニメブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力を)


posted by BoisterousBone at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。