bn_natume_rin_300.jpg

2008年06月30日

FBI 失踪者を追え!<サード・シーズン> 第8話「双子の兄弟 U」

FBIの話の中でも相当モヤモヤ感の残る終わり方をしたエピソードの後日談。
しかし、失踪者が見付かった後も普通に捜査していることが多いけど、失踪者捜査班の捜査する範囲って一体どこまでなんだろうなぁ。
失踪者が死亡して見付かった場合は、その犯人の逮捕まで仕事の内に含まれることは間違いないんだろうけど・・・
今回のように各州に渡って殺人事件を起こしている犯人の場合、専門の部署に管轄が移ったりはしないんだろうか。

脚本:ハンク・スタインバーグ(Hank Steinberg)
監督:ティモシー・バスフィールド(Timothy Busfield)

なんというか、非常にすっきりした・・・と言いたいところなんだけど、全然まったくすっきりしないこの残尿感。
というのも、グレッグにまったく感情移入できないのがその原因なんだけど。

兄にあそこまで精神的に支配されてしまっているという状況がなかなか噛み砕くことが難しくて、それ故に本当にリックが犯人なのか、逆にグレッグは犯人じゃないのではないかという疑問が常に付いて回る。

状況考えると、どう見てもリックが犯人なんですが、それにしたってどうにも納得できない部分がある。


ビビアンがジャックの証拠隠しが明らかになった時に、妙に慌ててたのは匿名の電話をしたのがリックじゃなくて彼女ってことなのだろうか。
それとも自分にまで被害が及ぶのが嫌だったのか。


しかし、今回はジャックとサマンサが妙に親しげだったなぁ。
一方で恋人のマーティンは全然人間関係に絡まないし。というかメインの中で一番空気だったし。

ジャックとビビアンの微妙な関係とか、恋人らしい空気のないサマンサとマーティンとか、微妙に人間関係が数話前に戻ってしまっている気がしてならないんだけど・・・
いや、毎回恋人でイチャイチャしたり問題抱えられても、それはそれで面倒くさいので、そういうのを感じさせない話でも別に構わないんですが。

どうもマーティンが空気過ぎ、サマンサとジャックが親しすぎってのが気になるのです。
これはもしかしてサマンサとジャックの復縁フラグですか?


▽関連サイト▽
FBI 失踪(そう)者を追え!3
FBI失踪者を追え!(Without a Trace) ブログコミュニティ - テレビブログ
海外ドラマが好き - トラックバック・ピープル


B000CQK476WITHOUT A TRACE / FBI 失踪者を追え!<ファースト・シーズン>コレクターズ・ボックス
ジェリー・ブラッカイマー

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-04-07
売り上げランキング : 14983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

WITHOUT A TRACE/ FBI失踪者を追え! (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!<サード・シーズン> コレクターズ・ボックス クローザー <ファースト・シーズン> コレクターズ・ボックス クローザー <セカンド・シーズン> コレクターズ・ボックス クリミナル・マインド シーズン1 コレクターズBOX Part1


にほんブログ村 テレビブログ(←よろしければクリックでランキングにご協力を)


posted by BoisterousBone at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。