bn_natume_rin_300.jpg

2009年04月10日

仮面ライダーディケイド 第8話「ブレイド食堂いらっしゃいませ」

「なんだ、この小洒落た味は! ソースとケチャップをブチまけろ、隠し味に醤油一滴だ!」

自分が苦手な米村正二脚本なので、一体どんな恐ろしいことになるのかと思いきや、案外と許容範囲でなんか逆に拍子抜け。
まぁ、まだ後編があるので油断はできないんだけど。

何しろ、前回が色々と酷かったからなぁ。
それに比べれば今回ぐらいは全然許容範囲な状態です。

それと、やっぱり士のキャラクターがこういうノリを受け入れることができるタイプだということも大きいと思う。

あらすじはこちらを参照のこと。

脚本:米村正二
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)

続きを読む


posted by BoisterousBone at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕上げに殺陣あり 黒蝶舞 第1巻/原作:中山文十郎 マンガ:今ノ夜きよし

『あれを人だと思うな。あれは・・・魔性だ!』

なんていうか普通に三巻目って感じだよなぁ。コレ。

そんなわけで今は亡き『月刊電撃コミックガオ!』に連載されていた『仕上げに殺陣あり』が、ガオの休刊後『コミックガム』に移籍して『仕上げに殺陣あり 黒蝶舞』と名前を変えての第一巻。実質的には三巻目となる。
内容は一言でいうと『可愛い女の子も出てくる必殺仕事人(乳首有り)』。


しかし、表紙はガオで連載していた時の方が良かったなぁ。
このメタリック感は作品のイメージと合ってないと思う。


涼と冴の衣装の露出度が下がっている気がして電撃コミックを見直してみたけど、別にそんなことは無かったぜ!
衣装のデザインは基本変わってないはずなのに、どういうわけか横乳度が下がっている気がしてならない。不思議。


仕上げに殺陣あり 黒蝶舞 (1) (ガムコミックスプラス)仕上げに殺陣あり 黒蝶舞 (1) (ガムコミックスプラス)
中山 文十郎

ワニブックス 2009-01-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by BoisterousBone at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。