bn_natume_rin_300.jpg

2008年11月21日

ささら、まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2 第40回『ゲストに、極楽院涼子、来たる!』

今回は小野涼子さんはお休みして、その代わりゲストに噂の極楽院涼子さんが来てくれましたよ!

まぁ、実際のところは涼子さんが声帯疲労から炎症を起こして、喉が酷いことになっているだけなのですが。
いや、『いるだけ』ってレベルじゃない、かなりの重大事ですが・・・

やっぱり声優の仕事ってハードなんだなぁ。

続きを読む


posted by BoisterousBone at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渚と早苗と秋生のおまえにハイパーレインボー 第06回『「パンちくわ」より「ちくわパン」の方が、心が落ち着くのだ』

クラナドラジオにお父さんが帰ってきました!
・・・お父さんがいる時のきっこさんは、お母さんと言うよりは奥さんって感じだなぁ。

しかし、ちくわパンはうめぇよ? 超うめぇよ?
って思って調べてみたけど、そのスーパーで売っているパンは私の知っているものとは違うみたい。
私の近所のパン屋さんで売っているちくわパンは、ちくわを挟んだパンを揚げてるんだよなぁ。
要するにうどん屋さんなどの揚げちくわが揚げパンに挟まれてる感じなんですけど・・・

こんな感じ

ただのコッペパンにちくわが挟まってるのは全然味が想像できないなぁ。

続きを読む
posted by BoisterousBone at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒7 第4話「隣室の女」

うわ、野球が延長していて第3話が半分しか録れてない!
興味の無い人間としては本当に野球とか無くなれば良いのにって気分になってしまいます。

本編も事件としてはすぐにトリックが分かってしまって正直面白くはありませんでした。

脚本:岩下悠子
監督:長谷部安春

続きを読む
posted by BoisterousBone at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャシャーン Sins 第7話「高い塔の女」

キャシャーンSinsに出てくる女性は皆、どこか寂しそうで、そしてどこか壊れている女性ばかり。
今回登場するのもそんな女性。

演出が同じ山内重保さんだからか、第4話「滅びの天使」と非常に似通った雰囲気になっていました。

脚本:吉田玲子
絵コンテ・演出:山内重保
演出助手:中山奈緒美
作画監督:とみながまり
レイアウト作画監督補佐:西位輝実、中村章子、馬場充子
総作画監督:馬越嘉彦

続きを読む
posted by BoisterousBone at 16:24| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒執事ファントムミッドナイトレディオ「レディオ・ブラック サイド」 [第4回] 執事・小野大輔様、登場でございます。

小野「本日のお客様をご紹介します・・・田村ゆかりさんで〜〜す!」
田村「・・ど、どうもー!」
小野「あはははっ、あ、ちょっと遠慮がちに今、入られましたね」
田村「はい、あの・・・どうも、またお邪魔し・・・します」
小野「(笑)――デジャビュー!?」
田村「すぃ、すぃませんお邪魔します(笑)」
小野「はい、・・また稲荷寿司があるんですけども(笑)」
田村「デジャビュー?(笑)」
小野「デジャビュー! 既視感・・日本語で言うと!」

そんなわけで今回のゲストも田村ゆかりさんです。
作中キャラのエリザベスのコスプレをして登場です。
・・・なんか、微妙にすでに疲れきってる感じなんですけど(笑

続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタル・スタジアム 第330回「箭内 道彦セレクション」

今回は『パンクな作品』。
流石はパンクなだけはあって、軽々と私の理解を超えていきます。

詳しくは放送についてはこちらを参照


■ご飯ですよ。 84 feat. ナオキ屋
84さんナオキ屋さんのコラボ作品。

中谷さんも言ってるけど、まさに『やらない放題』。
自分だったらキレる。
友人がこんな音楽やこんな映像を作ってきたらキレる。ぶちギレる。

確実に滾々と説教と改善点の指摘をします。

でも、普通なら直すところをタレ流しにしてるのが独特の味が作ってる・・・気がしないでもないかもと思ったりしないこともない錯覚を覚えたのか。
素人だって映像や動きにもう少し気を入れて、その結果格好付け半分、恥ずかしさ半分で見ていて恥ずかしいものになるんだけど、そこを全然かっこつけないのは素直にスゲェ。

なんか、こう「寝たまんま歌ってたら面白くね?」「じゃあ、ウチのおかんが後ろで何か言ってたりとか!」「いいね! ソレ、いいね!」って大喜びで撮ってる姿が目に浮かぶ感じです。

・・・これでもし本当は全て計算尽くで撮ってたら完全に騙されたことになるなぁ。


■パンク直し 岡本 将徳
映像を見て即座に「アレッ? コレ、ばあちゃんの人じゃないか?」って思うってことは独特の作風があるんだろうなぁ。

指の動きが細かくてびっくらこいた。

映像を観たモデルになった自転車屋さんの容赦ないツッコミが面白かった。


■Barの情景 ミステリアスタイム 柳田 勝士
相変わらず、この人の作品はワケ分からめ。
理解しようって方が無理な感じ。

でも『内容が無い』んじゃんあくて『言いたいことが分からない』ってだけで、メッセージが含まれてる気はするんだけど・・・正直、本当にあるのか自信は持てない。

内容の意味不明さは相変わらずだけど、映像的には今までの作品よりも確実にパワーアップしてる感じです。


■総評
ベストセレクションに選ばれたのが『パンク直し』だったのは納得。
というか、他の二作は意味が分からな過ぎて評価のしようがないです・・・


▽関連サイト▽
NHK デジタル・スタジアム
風とロック
デジタル・スタジアム ブログコミュニティ - テレビブログ村


B001H4BTJYTOUR ザ・グッバイ【初回生産限定盤】
SUPER BUTTER DOG

EMI MUSIC JAPAN 2008-12-10
売り上げランキング : 362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 テレビブログ(←よろしければランキングにご協力下さい)
posted by BoisterousBone at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Radio QMA! 第11回

今回は広橋涼さんの実家の情報が次々と明かされていきました。
お寺で蔵があるのは知ってましたけど・・・

・ご飯は普通にコシヒカリ
・水がおいしい(広橋談「水道水の甘さったら無いよね!」)
・家の周りはずっと田んぼで遠くに新幹線の高架が見える
・地平線は見えない
・隣の家に行くにはお墓を抜けていくと早い
・客間と離れと蔵がある
・蔵の中には死んだお婆ちゃんが漬けた梅干がある
・お弟子さんはいない(家族のみ)
・家の中でかくれんぼができる

一方の浅野さんは一箇所に複数の家が集まっていて、周囲にぶわーっと田んぼが広がっている所に住んでいたそうな。

そんな感じ田舎トークに花が咲いた第11回。

続きを読む
posted by BoisterousBone at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャシャーン Sins 第6話「運命との再会」

THE バトル回って感じだけど、同時に世界観についての情報が明かされた回でもありました。
でもやっぱり、一番の見所は白と黒の壮絶バトルだよなぁ。

脚本:上代務
絵コンテ・演出:伊藤尚往
作画監督:奥田佳子
総作画監督:馬越嘉彦

続きを読む
posted by BoisterousBone at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。