bn_natume_rin_300.jpg

2008年11月10日

ソウルイーター 第32話「聖剣伝説3 〜死武専番長物語?〜」

ウゼェ!
冒頭ではてっきり今まで似たような展開かとも思ったけれども、それがどうして、今まで違う方向で攻めてきました。

しかし、エクスカリバーが絡む話となるとマカとソウルが空気になるなぁ。

脚本:津村米紀
絵コンテ・演出:金子伸吾
作画監督:稲留和美、村井孝司

続きを読む


posted by BoisterousBone at 19:13| Comment(0) | TrackBack(9) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

S.A.S.英国特殊部隊-ULTIMATE FORCE- 第11話「バトル・ミッション(前編)」

サブタイトルの原題は『What in the Name of God...』。
意味としては「なぜ神の名の下に・・・」って感じだろうか。

今回の話に深い関わりを持つサブタイトル内容ではあるけど、これは「どうして神の名の下にこんな行為をするのか」という意味なのか、それとも『神』という存在や言葉自体に疑問を呈する内容なのかどうかは自分の英語力では分からない。
番組内でのセリフ的には後者も有り得る感じだなぁ。

ここら辺、神に対する疑問を前に押し出すのはアメリカのドラマでは見られない感じです。
やっぱり、アメリカって外面的にはどうあれ、かなりの宗教国家なのだと他国のドラマを見ると思う。

脚本:ロブ・ヘイランド(Rob Heyland)
監督:リチャード・ホルトハウス(Richard Holthouse)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャシャーン Sins 第5話「月という名の太陽を殺した男」

すごいなぁ。
何がすごいって、一見して謎が少しは明かされたように見えて、その実全く明かされていないっていうのがすごい。

これまでの話のように情感に訴えかけるものではなく、話を進行させるための回だったせいか、この作品を見て初めて少し退屈を思ってしまった部分もありました。

脚本:上代務
絵コンテ:大平直樹
演出:木村延景
レイアウト作画監督:ふくだのりゆき
原画作画監督:奥田佳子、白南烈
総作画監督:馬越嘉彦

続きを読む
posted by BoisterousBone at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イナズマイレブン 第06話「これがイナズマ落としだ!」

壁山って中学生のくせに顎鬚が生え揃ってるんだなぁ。
今回も熱々な展開のイナズマイレブンでした。

それにしても、まさか本当に試合を一話でケリをつけるとは。
どうやら特訓一話、試合一話体制なのは本当のようです。

脚本:山田健一
絵コンテ:秋山勝仁
演出:新田典生
作画監督:松坂定俊
総作画監督:池田裕治

続きを読む
posted by BoisterousBone at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00<セカンドシーズン> #06「傷痕」

前回前々回はいまいち盛り上がりに欠けていましたが、今回は物語が動き出して色々と面白かった。
主に沙慈とかソーマ辺りが良い感じ。

そして、スメラギさん関係の過去話が一気に明かされてきた感じです。
更には、ついにルイスやネーナといった面々が本格的に物語に絡み出しそうで楽しみです。

脚本:黒田洋介
絵コンテ:北村真咲
演出:名取孝浩
キャラクター作画監督:松川哲也
メカニック作画監督:阿部邦博

続きを読む
posted by BoisterousBone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(9) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。