bn_natume_rin_300.jpg

2008年11月21日

キャシャーン Sins 第6話「運命との再会」

THE バトル回って感じだけど、同時に世界観についての情報が明かされた回でもありました。
でもやっぱり、一番の見所は白と黒の壮絶バトルだよなぁ。

脚本:上代務
絵コンテ・演出:伊藤尚往
作画監督:奥田佳子
総作画監督:馬越嘉彦

続きを読む


posted by BoisterousBone at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

ときメモ!ラジオ ゆめぎの高校放送室 第11回

誕生日おめでとうございます!
・・・アスミンのお母さん。

そんなわけで、なぜかアスミンのお母さんの誕生日の話題で始まった『ゆめぎの高校放送室』第11回です。

しかし、アスミンは毎年親に誕生日プレゼント贈ってるのか・・・偉いなぁ。

続きを読む
posted by BoisterousBone at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面のメイドガイ ご奉仕二「博士の愛した巨乳」

基本、原作を読んでしまっているとアニメオリジナル展開で大失敗でもしない限り、特に書くことはないのが現状。
とりあえず、今のところ原作のそこまでファンじゃないけど読んではいるという人間からすると不満になる部分は無し。

しかし、おっぱいを柔らかそうに動かすなぁ。

脚本:ふでやすかずゆき
絵コンテ:藤澤俊幸
演出:篠原誠
作画監督:玉井公子

続きを読む
posted by BoisterousBone at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面のメイドガイ ご奉仕一「はじめましてだ、ご主人!」

すげぇー、原画に日本人の名前が全然ねぇー。
エンディングテロップがアルファベットまみれで、まるで外国のアニメみたいだったぜ!

まぁ、主要なスタッフ以外がほぼ韓国人って状況は果たして日本のアニメって言って良いのか微妙な感じ。

脚本:井上敏樹
絵コンテ:迫井政行
演出:大谷肇
作画監督:大塚美登理

続きを読む
posted by BoisterousBone at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよなら絶望放送 第63回「E.フッテンマイヤーの回想」

やっぱり久米田先生は絶望放送を聴いているらしい。
って、なんでわざわざアシスタントに隠れて聴いてるんですか!?

単行本派の私には、雑誌連載のネタはさっぱりです。


『いけないカエレ先生』に出てきた受験生が臼井君の弟だっていうのは全然気付かなかったです。

新谷「私、この・・このコミックスを買った時、一番最初電車ん中で読んでたんですよ」
神谷「はい」
新谷「このページ、割と早めに「やばいやばいやばい」つって、早めにページ捲ったところだ」
神谷「あ〜」

続きを読む
posted by BoisterousBone at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソウルイーター 第33話「共鳴連鎖 〜奏でろ、魂たちの旋律?〜」

ソウルイーターにしては非常に珍しいタイプの回って感じです。
そもそも、これまでのソウルイーターってキャラクター同士が協力して何かするって描写が『職人と武器のパートナーシップ』を別にすれば皆無に近かったように思う。

一人の敵に対して複数で掛かったりしていたけど、それも単に各個攻撃を同時に仕掛けていただけで、決して連携ってわけじゃなかった。
たとえば、シド先生との戦いの時だって、ブラック☆スターの鎖鎌でシド先生と一緒にマカまで捕まったりしてた。

脚本:清水恵
絵コンテ:石平信司
演出:浅井義之
作画監督:渡辺伸弘、志賀道憲

続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:19| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00<セカンドシーズン> #07「再会と離別と」

水島監督が自ら演出に関わるのは一話以来か・・・
スタッフに愛されてるなぁ、ソーマ・ピーリス。

今回は予想内の展開も有りつつも、予想外な感じが圧倒的に多かったです。
普通に泣いてしまいました。

・・・しかし、これから一体どうするんだ?

脚本:黒田洋介
絵コンテ:角田一樹
演出:角田一樹、水島精二
キャラクター作画監督:千葉道徳
メカニック作画監督:大塚健

続きを読む
posted by BoisterousBone at 13:26| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

マクロスF○×△ 第32回

今回のタイトルコールは中島愛さん。
『マクロス 普通のタイトルじゃ駄目ですか?』・・・こと『マクロスF○×△ 第32回』です。

マクロスFのアルバム「娘たま♀」の名前に過敏反応する中村さん。

中島「今年の師走は『娘たま♀』を掴み取ろう〜!」
神谷「んん?」
中村「ん? どういうことですか?」
中島「『娘たま♀』です」
中村「下ネタですか?」
中島「いや・・(笑)」
中村「違いますか?」
中島「私は言いません(笑)」

今日も中村さんが率先して汚れに行ってます(笑

続きを読む
posted by BoisterousBone at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でじこラジオ 第30回

今回のでじこラジオは、以前『ドラマ、さとみとなおとりえかと』でみなかみ菜緒さんがゲットした宝くじが当たっているかどうかを調べる・・・だけの回でした。
あと二人は、なぜか当たったら自分達も貰う気満々です(笑

私は宝くじとか買わないから、延々と数字を読み上げられても正直何がなんだか。


宝くじに時間を使い過ぎてしまったので、今回は他のコーナーは全部無しでした。


▽関連サイト▽
ラジオギャラクシーエンジェル りょーことゆーなと、でじこラジオ
でじこラジオ | 明坂聡美 * みなかみ菜緒 * 矢澤りえか | 新キャスト3人がおくるデ・ジ・キャラットラジオ!
DiGiCharat Official WebSite でじこのへや
デ・ジ・キャラット ブログコミュニティ - アニメブログ村
アニラジ ブログコミュニティ - アニメブログ村
アニラジ好き集まるですぅ〜 - トラックバック・ピープル


4797352108こげどんぼ*画集CHOCOLA 2008
こげどんぼ*

ソフトバンククリエイティブ 2008-12-09
売り上げランキング : 7590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 声優(←よろしければクリックでランキングにご協力を)
posted by BoisterousBone at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラジオギャラクシーエンジェル りょーことゆーなと 第43回

冒頭は新しくなった稲村さんのパソコンの話題。

ところが、

「皆さんは、パソコンの機能をユウノウに・・・ん? 有効に使えてますか?」

と、思わぬところで原稿を噛んでオープニング明けのフリートークでガクッとテンションが下がる新谷さんでした。

続きを読む
posted by BoisterousBone at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SOULEATER RADIO 死武専共鳴放送局 ソウルside [第9回]「すべらない話」伝説 〜内山さんと宮野さんのムチャ振り合戦?〜

今回のパーソナリティは、ソウル=イーター役の内山昂輝さんと、デス・ザ・キッド役の宮野真守さんと、死神様役の小見川千明さ……もとい、小山力也さんです。
珍しく三人揃ってます。

内山さんは行くスタジオを間違えたそうな。
でも、そこから走って現場に間に合うぐらい、早めの行動をしているのは見習いたいところだなぁ。
私はいつも遅刻が前提って感じに最近はなっているのでなんとかしたい。

続きを読む
posted by BoisterousBone at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

デジタル・スタジアム 第329回「季里セレクション」

『色と形と質感に拘った作品』が集められた第329回。
正直な話、あんまり面白くなかったです。
眠い中で見たっていうのも関係あると思うけど・・・

技法としては面白かったりするけど、エンタメ的な視点で見るとどうにもいまいちです。
でも逆にそういうエンタメ性の欠ける感じが、まるで初期のデジスタを見ている感じでなんだか懐かしい気分になったり。

詳しくは放送についてはこちらを参照


■vermilion 森下 裕介
『バー = おばあちゃん』+『ミリオン = 100万』+『バーミリオン = 朱色』というギャグからできたタイトルの作品。

デザインも動きも良い感じではあるけど、おばあちゃんが歩いてる時に鳴っている音と動きが全然シンクロしてないのがなぁ。
どうにも拍子抜けする。同じ動きを何度も繰り返すので飽きるし。

単純な動きと、枚数を使った複雑な動画での差で、動きに強弱を付けているのは良い感じ。

・・・しかし、ずっとお爺ちゃんだと思ってたんだけど、そうか・・・おばあちゃんだったのか。


■かげ カナヅ
編集しているのかなんなのか、音が飛び飛びなのが凄くイライラした。

しかも、あそこまで抽象的な表現をしておいて、最後の最後で文字でメッセージを出したり、譜面の『DC(頭から繰り返す)』なんて直接的なものを出したりと一貫性が無さすぎる。

この作品を見てコメンテーターの人達は『温かい』っていう風に言ってたけど、私にはどうにも冷たいというか不気味な印象しか受けなかった。


■WASH 山田 園子
一番、表現方法として面白かった。
ただその表現方法を試すという側面が強くて、メッセージ性などはあまりない感じ。

しかし、最初に見た時は、どうやって作ってるのか全然わかりませんでした。
まさか油性マジックでキャンパスに描いた絵に、水性のクレヨンで汚れを着けて、それを液体石鹸をつけた歯ブラシで磨いていたとは・・・
水みたいに見えたのは、本当に水だったんだなぁ。


■総括
デジスタアップデートのコーナーが面白かった。
保谷瑠美子さんがアニメーションを作った『みんなのうた』はもう放送されてないだろうなぁ。
って思ったら、DVD付きの初回限定版CDが発売されてるみたい。

・・・むぅ、しかし1500円か。
カラーボトルの『青い花』とかもほしいんだよなぁ。


▽関連サイト▽
NHK デジタル・スタジアム
デジタル・スタジアム ブログコミュニティ - テレビブログ村


B0019N1QH8このせかいに(初回盤)(DVD付)
村岸カンナ 河野圭

UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2008-07-02
売り上げランキング : 9464

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 テレビブログ(←よろしければランキングにご協力下さい)
posted by BoisterousBone at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

S.A.S.英国特殊部隊-ULTIMATE FORCE- 第12話「バトル・ミッション(後編)」

第二シーズン完!
サブタイトルは『Dead Is Forever(死は永遠)』。作中のセリフがそのままタイトルになっています。

第二シーズンの中でも屈指の銃撃戦って感じです。
まぁ、第二シーズンは全体的に銃撃戦が少なめですけど。中には銃を一発も撃たない話とかもあるしなぁ。

脚本:ロブ・ヘイランド(Rob Heyland)
監督:リチャード・ホルトハウス(Richard Holthouse)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渚と早苗と秋生のおまえにハイパーレインボー 第05回

今回も始まりましたよー、『渚と早苗のおまえにハイパーレインボー』!
・・・ってアレ? なんだかお父さんがいません!

古河パンを朝の四時から開けているので、疲れてうっかり寝てしまっている・・・という設定らしいです。

リスナーからの『どうしたら大きな声が出せますか』という質問に対する、お姉ちゃんの『腹筋を鍛える方法』なんですが。
『椅子に浅く腰かけて、背中を背もたれに着けずに、お腹に力を入れて肩を少し前にして後ろに倒れる』という方法なんですが、やってみると腹というよりは背筋に負荷がかかっているような気がするんですが・・・私だけ?


続きを読む
posted by BoisterousBone at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

アニメギガ「川井憲次」

いやぁ、なんだか聞き覚えのある・・・それも印象の強い曲のオンパレードでした。
私はまだまだ音楽方面には疎くて、友人のように作曲家の名前でCDを買ったりしないからなぁ。

オルゴールや太鼓などの川井音楽特有の特長的な音の響き方についての秘密が明かされるのが面白かった。
イノセンスの時に洞窟でオルゴールを鳴らして録音したというのはブックレットなどで見て知っていたけど、太鼓は竹の撥にビニールテープを巻くというだけの工夫であんな響き方をするんだなぁ。

攻殻機動隊の歌が日本語だっていうのも、今の今まで全然気付いていませんでした。

・・・大和言葉か。今度調べてみようかな。


あと映画の予告編などでよく耳にする『おお、運命よ(カルミナ・ブラーナ)』という曲のタイトルを知ることが出来たのも良かったです。


▽関連サイト▽
アニメギガ公式サイト
Kenji Kawai Official Site


B000197M56イノセンス オリジナル・サウンドトラック
サントラ 川井憲次 Herbert Kretzmer

ビクターエンタテインメント 2004-03-03
売り上げランキング : 1053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL めざめの方舟 Original Soundtrack イノセンスの情景 Animated Clips フォロー・ミー 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.+(プラス)

にほんブログ村 テレビブログ(←ランキングです。クリックでご協力を)
posted by BoisterousBone at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Radio QMA! 第10回

今回のゲストは後藤邑子さん。
いつものことだけど、冒頭のドラマっていうかコントは微妙にオチが弱いんだよなぁ。

今回の見所はなんといっても、浅野真澄さんの小学校の頃の話。

「私ね。誰かのことを本気で好きになったら、自然発生的にお腹の中に子供ができる。って、思ってたから、だから、小学校の二年生の時に初恋だったんだけど『あぁ、この人を本気で好きになったら私、お母さんになっちゃう!』と思って、気持ちを一生懸命セーブしてた。『好きになり過ぎちゃだめ〜』って!」

うわぁ、なんだそれ、可愛過ぎるじゃないか!


続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潮風放送局〜みなとSTATIONらじお! 〜君が主で執事が俺で編〜 第21回

今回は二人の可愛めな声がたくさん聞ける放送でした。

開始早々、なぜか静さんにチョコを握らせる邑子さん。

「・・・あのさ、糸色ぃさんからのぉメールかなんかでぇ。私、ドンペリ怖いドンペリ怖いとか言ってなんだかドンペリを要求したみたいな、コーナーになったことあったじゃない?」
「あったね」
「ドンペリがさぁ。ウチの事務所に届いたの」
「・・・まじでぇ?」
「ちょっと、すっげぇなって思って!」
「(引き笑い)」
「で、もう『こないだ、みなとらじおで言ってた、大好きなドンペリです。どうぞお飲み下さい』っていう、ほんとにメモ程度が添えてあったの」
「ほんほん、ほん(相槌)」
「ほんで! 家で喜び勇んで私、飲んで!」
「ほん」
「あ、おいしかったです。どうもありがとうございました。……でね、後日ね」
「ふん」
「時間差で」
「ふん」
「時間差でねぇ。三日ぐらい経ってから手紙が届いたんだよ」
「・・ほん」
「みならじの感想とか丁寧に書かれてて」
「うん、うんうんうん」
「もう、あの、ドンペリも、なん・・・ねぇ? あの、気持ちを込めて送らせていただきます。えー、静さんやみならじスタッフさんと一緒にお飲み下さいって書いてあった、あはははっ」
「・・・・・」
「・・・あ」
「・・・・・」
「・・・ちょこくえ?」
「いらねーよぉ!! ドンペリ寄こせドンペリを!」
「(笑)」
「ドンペリを!」
「だけどさぁ」
「お前が自腹で買ってここに持って来い!」

テンポが良い会話だなぁ。
続きを読む
posted by BoisterousBone at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブラジオ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-24「最初ノエガオ」

なんだか色んな作品で見たことのある景色が一杯だったなぁ。
洞窟はGP-22でヒラメキメデスが倒れていた場所だし、早輝が渡っていた橋は仮面ライダー555の劇場版で出てきた場所だし。
こういう共通する撮影場所を発見するとちょっと嬉しくなります。

あ、ちなみにキバは視聴を切ってしまいました。

脚本:古怒田健志
監督:渡辺勝也

続きを読む
posted by BoisterousBone at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタル・スタジアム 第328回「上半期・中谷セレクション」

中谷さんスゲー! ・・・な回。
NHKのロゴをデザインしたり、長野冬季オリンピックのオープニング映像を作ったりと・・・いやぁ、凄い人だったんだなぁ。

第328回の放送についてはこちらを参照


今回、中谷さんによって新たにベストセレクションに選ばれたのは、

・if time pass
・ALGOL
・ビュー・ビュー・View
・Mountain Guitar

の4作品。

『if time pass』以外は納得のラインナップ。
どうも『if time pass』は綺麗だとは思うんだけど好きになれないんだよなぁ。
美しい映像に相反するダンスの生々しさがどうにも受け付けられない感じです。


あと『ALGOL』はどうせならオリジナル版を流してほしかったなぁ。
どうも以前流されたダイジェスト版とも微妙に違う編集だったみたいだけど・・・


あとは馬場哲晃さんの、相手と体を触れ合わせることで音が出る楽器『Freqtric Drums』のバージョンアップ版が紹介されているのが面白かった。
コードのついた指輪をつけなくてはいけなかった前バージョンから、ただ取っ手を握るだけプレイできるようになっていたのが凄い。
中心部分を叩くことで音の種類が変えられるようになっているのも良いなぁ。


▽関連サイト▽
NHK デジタル・スタジアム
デジタル・スタジアム ブログコミュニティ - テレビブログ村


4839930112今日からはじめるブログ&SNS (マイコミムック)
中谷日出

毎日コミュニケーションズ 2008-11-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 テレビブログ(←よろしければランキングにご協力下さい)
posted by BoisterousBone at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ソウルイーター 第32話「聖剣伝説3 〜死武専番長物語?〜」

ウゼェ!
冒頭ではてっきり今まで似たような展開かとも思ったけれども、それがどうして、今まで違う方向で攻めてきました。

しかし、エクスカリバーが絡む話となるとマカとソウルが空気になるなぁ。

脚本:津村米紀
絵コンテ・演出:金子伸吾
作画監督:稲留和美、村井孝司

続きを読む
posted by BoisterousBone at 19:13| Comment(0) | TrackBack(9) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。