bn_natume_rin_300.jpg

2008年06月30日

FBI 失踪者を追え!<サード・シーズン> 第8話「双子の兄弟 U」

FBIの話の中でも相当モヤモヤ感の残る終わり方をしたエピソードの後日談。
しかし、失踪者が見付かった後も普通に捜査していることが多いけど、失踪者捜査班の捜査する範囲って一体どこまでなんだろうなぁ。
失踪者が死亡して見付かった場合は、その犯人の逮捕まで仕事の内に含まれることは間違いないんだろうけど・・・
今回のように各州に渡って殺人事件を起こしている犯人の場合、専門の部署に管轄が移ったりはしないんだろうか。

脚本:ハンク・スタインバーグ(Hank Steinberg)
監督:ティモシー・バスフィールド(Timothy Busfield)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 12「ラブ アタック!」

面白かったんだけど、今回もノリ切れず。
最後のあの展開に持っていくために二人の関係性を進めるための話っていうのが透けてみえてしまうのがなぁ。

それにしても、息継ぎみたいな話なのに、普段よりも関わっているスタッフの数が多いのはどういうわけか。
あ〜、いや。逆に息継ぎ話だからこそスタッフ多いのかな?

脚本:大河内一楼
コンテ:森邦宏、須永司
演出:秋田谷典昭
作画監督:しんぽたくろう、池田有(中村プロダクション)、小暮昌宏

続きを読む
posted by BoisterousBone at 17:11| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

ゴルゴ13 Target.11「デッド・アングル」

前回の予告からすでにやられ役臭を放ちまくっていたカッツが、話が進むにつれてなんだか格好良く見えてきたのは私だけ?

脚本:小澤俊介
絵コンテ:前園文夫
演出:高田昌宏
作画監督:鈴木信一
製作進行:高山明人

続きを読む
posted by BoisterousBone at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

テレパシー少女 蘭 第1話「蘭、テレパシー! 〜ねらわれた街〜」

いかん。退屈だ。
最後の方は耐え切れなくて早送りにして見てしまいました。

あと全体的に漂う妙な古臭さは何なんだろう。
背景美術のせいってのもあると思うんだけど、キャラクターデザインは設定段階では古いけど動いたら今風だったし、配色も地味目とはいえ明るい感じだしなぁ。
って思ってたらキャラクターが90年代のアニメ風の動きしてるのが原因かも。
どこをどうしたら90年代風なのか論理的に説明をせよって言われたら困るんだけど、最近のアニメに比べてキャラの両手両足を必要以上にバタバタさせてる感じ。
あとセリフ回しが古い気がします。

正直、第二話以降を観れるかどうかは微妙です。

脚本:小山知子、島田満
絵コンテ:大宙征基
演出:殿勝秀樹
作画監督:八崎健二

続きを読む
posted by BoisterousBone at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FBI 失踪者を追え!<サード・シーズン> 第7話「母と子の明日(後編)」

「正直、謎解き部分については前編で大方終わっちゃってるよなぁ」って意識があって、なかなか観る気になれなかったんですが。
いやぁ、一回観始めちゃうと完璧にのめりこんでしまいますね。

脚本:ジャン・ナッシュ(Jan Nash)
監督:ジョン・F・ショーウォルター(John F. Showalter)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

仮面ライダーキバ 第13話「未完成・ダディ・ファイト」

本当に親父の強さは状況によってコロコロ変わるなぁ。
しかし時代が時代なら親父の行動は完璧にストーカーです。
本当にまだストーカーという言葉のない時代に生まれて良かったですよ。じゃなきゃ、今頃お縄を頂戴しているに違いない。

今回の詳しいあらすじはこちら

脚本:井上敏樹
監督:田村直己
アクション監督:竹田道弘
(ジャパンアクションエンタープライズ)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 11「想い の 力」

前回からの波が続いていて、いまいちノリ切れず。
そのせいで普段は無視してる粗ばかりが目に入ってしまって、素直に楽しめませんでした。

もちろん、面白い部分もたくさんあったのですが・・・

脚本:大河内 一楼
絵コンテ:須永司
演出:信田ユウ
作画監督:松原一之、仲盛文

続きを読む
posted by BoisterousBone at 18:42| Comment(0) | TrackBack(6) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第7話(第29話)「容疑者」

第一シーズンで起こった事件が連鎖して起こる物語。
色々な意味で予想外でした。

しかし、傍目から見るとこの兄弟は胡散臭いことこの上ないなぁ(笑)

脚本:キャスリン・ハンフリス(Cathryn Humphris)
監督:マイク・ロール(Mike roll)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

スタートレック・エンタープライズ-STAR TREK ENTERPRISE- 第96話「テラ・プライム(前編)」

面白い話なんだろうけど、いまいち乗り切れないのは、やっぱりもうタッカーとトゥポルの恋愛話がどうでも良すぎるせいなんだろうなぁ。
あと前回のエピソードが面白過ぎたのもある。

この第4シーズンになって、ずっとタッカーがトゥポルの関係について引っ張ってるのは辟易する。
第3シーズンぐらいの比重なら良いんだけど、それをメインテーマに持って来られるのは・・・私はスタートレックにそういう展開は望んでいないんですよね。

脚本:マニー・コト(Manny Coto)
監督:レヴァー・バートン(LeVar Burton)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ゴルゴ13 Target.10「帰ってきた標的」

今回はいつもと絵柄のタッチが違って、なんか冒頭のゴルゴが妙に優しい目をしていたりするのですが、これはこれで独特の雰囲気があって良い感じで。

脚本:小澤俊介
絵コンテ:西澤晋
演出:町谷俊輔
作画監督:西澤晋、楊柄吉
製作進行:酒井隆成

続きを読む
posted by BoisterousBone at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

HELLSING IV(OVA第4巻)【少佐の演説百面相を死ぬ程楽しめや、コノヤロー!】

いやぁ、もう褒める以外の言葉が出てきません。
OVAの第一巻は画面作りが退屈で正直「これは今回も駄目かなぁ」って思ってたんだけど、いやいやいや、これは酷い。とても酷い。特にEDの映像がとてつもなく酷くて素晴らしい。

B000TKPKHYHELLSING IV〈初回限定版〉
中森良治 平野耕太 黒田洋介

ジェネオン エンタテインメント 2008-02-22
売り上げランキング : 11177

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


脚本:黒田洋介、倉田英之
絵コンテ :ところともかず、松村やすひろ
演出:松村やすひろ
作画監督:大塚八愛、鷲田敏弥 ほか

続きを読む
posted by BoisterousBone at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 10「神虎 輝く 時」

放送時に生で観たんだけど、どうにも感想を書くのが遅くなってしまいました。
というのも、今回は戦闘シーンバリバリで凄いんだけど、正直言って私がコードギアスに期待しているのはもっと駆け引き的なものというか、なんというか、正直戦闘シーンは無くても構わない。
いや、あったら嬉しいのは確実なんだけど。

今回はキャラクター達が何を考えているのか分からなくて、いまいちノリ切れませんでした。

脚本:大河内 一楼
絵コンテ:須永司
演出:鳥羽聡
作画監督:高乗陽子、前田清明

続きを読む
posted by BoisterousBone at 17:40| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

スタートレック・エンタープライズ-STAR TREK ENTERPRISE- 第95話「暗黒の地球帝国(後編)」

ズルっ!?
これ、ズルっ!?

ズルいとは思うけど、問答無用で面白いと思わされてしまう勢いの良さ。
平面世界だからキャラクターの扱い方が予想できず、誰がいつ死に、どう行動するか分からないスリリングさがある。

原案:マニー・コト(Manny Coto)
脚色:マイケル・サスマン(Michael Sussman)
監督:マーヴィン・ラッシュ(Marvin V. Rush)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

キミ犯人じゃないよね? 第4話「死体を瞬間移動させた彼女」

ぐあああああああああっ、またやられたぁ!
普段はトリックとか気にせずに推理物を観るのに、どうして、この作品に限ってトリックが解けないと凄く悔しいんだろう!?

宇田川「妹、年上なの?」
さくら「少しだけ」

相変わらず会話のテンポが良い感じです。
いいなぁ、こういうの。

脚本:林誠人
演出:城宝秀則

続きを読む
posted by BoisterousBone at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーキバ 第12話「初ライブ・黄金のスピード」

案の定と言うか何というか、キバは普通に生きてました。
むしろ、あれで殺したと思える名護の方が凄いよ。

確かに普通に落ちたら死ぬ高さではあるけど、相手はキバだからなぁ。
それを死んだと思ってしまう時点で、名護がどれだけキバを軽く見てたかよく分かる。
ただ、今までキバは基本的に名護から逃げようとしてたので、弱いのだと名護が思い込んでしまうのは仕方がないことではある。

今回の詳しいあらすじはこちら

脚本:井上敏樹
監督:舞原賢三
アクション監督:竹田道弘
(ジャパンアクションエンタープライズ)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーナチュラル<第2シーズン> 第6話(第28話)「壁の中の殺人鬼」

第2シーズンに入って初めてウィンチェスター兄弟の葛藤以外の部分にスポットの当たった話なんじゃないでしょうか。

壁抜けという常人では追いかけることが難しい手段で移動する敵は、ひさしぶりに怖かった。もし出入り口が無かったら、もうどうしようもなくなっちゃうし。

脚本:マット・ウィッテン(Matt Witten)
監督:キム・マナーズ(Kim Manners)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーキバ 第11話「ローリングストーン・夢の扉」

バンド名『イケメンズ』って・・・
しかもライブ直前にメンバーが辞めるとか、健吾はどんなに性格が悪いのやら。

しかし、そろそろ四分の一を消費しようとしているのに、まだ謎が一つも明かされないのは流石に酷いなぁ。

今回のあらすじはこちらを参照。

脚本:井上敏樹
監督:舞原賢三
アクション監督:竹田道弘
(ジャパンアクションエンタープライズ)

続きを読む
posted by BoisterousBone at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

ゴルゴ13 Target.9「檻の中の眠り」

今回はいつもと随分と雰囲気が違う話でした。
まず第一にゴルゴの標的が誰なのか明らかにされていないし、ゴルゴもいつも以上に喋りまくり。

どうも元になった話は原作ではかなり初期の話数みたいなので、まだ東郷のキャラが固まっていないっぽい。

脚本:柏原寛司
絵コンテ・演出・作画監督:奈須川充

続きを読む
posted by BoisterousBone at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルゴ13 Target.8「動作・24分の4」

最初の拷問の演出の仕方には悪いけどちょっと笑ってしまいました。
いきなり最初からテンションマックス過ぎる。

脚本:大川俊道
絵コンテ:大原実
演出:大賀俊二
作画監督:渋谷一彦
製作進行:野亦則行、清幸一郎

続きを読む
posted by BoisterousBone at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

裏相棒

なんか、踊る大捜査線の時にもこういう番組があったなぁ。
世界観ぶち壊しだけど面白い。

ただ、踊る〜の時みたいに本編のキャラクターがほとんど登場しなくて、舞台だけが同じな特別版とかは作ったりしないでほしいなぁ。
大概、ああいうのって面白くないし、その後の本編のストーリーに絡まないんだもん。

脚本:戸田山 雅司
監督:近藤 俊明

普段からギャグ要員な四人がやっているのでキャラクターの崩れとかは一切感じられず。
伊丹が唯一気絶キャラになっていたことぐらいかな。

普通にコメディというかコントとしてゲラゲラ笑える番外編でした。


▽関連サイト▽
テレビ朝日|相棒6
相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン
「裏相棒」レビュー:ドラマレビュー トラックバックセンター
『相棒』 ブログコミュニティ テレビブログ
相棒 - トラックバック・ピープル


4796663126相棒シリーズ 鑑識・米沢の事件簿~幻の女房~ (宝島社文庫 610 「相棒」シリーズ) (宝島社文庫 610 「相棒」シリーズ)
ハセベバクシンオー

宝島社 2008-04-11
売り上げランキング : 417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 テレビブログ(←ランキングです。よろしければクリックしてもらえると嬉しいです)
posted by BoisterousBone at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。